Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

1. 函館に行ったんですね

もっと早く日記を覗いていたら 色々 観光地を教えてあげられたのに(^。^;)私、函館 詳しいんですよ 穴場な場所もo(^-^)o
函館には 友達や以前 仕事で行ったり…
もう5年 行ってないので行きたいなぁ

2. Re:函館に行ったんですね

>rolex-9さん
おお!そうだったんですかΣ('∀`;)残念。
この記事まだ続きますよ~。
とりあえず有名どころには行きました!穴場には多分行けてないですがそんなに時間もなかったので…(;・∀・)
追々UPしていきます^^

rolexさんは結構行ってたんですね!
私は子供の頃1度行ったきりだったのでほとんど、初めての感覚でした(笑)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ヨーロッパ絵画の輝き(函館美術館)

函館ドライブなのになぜ美術鑑賞なのか?

もちろんこれ目的で行ったわけではないんですが…
(でも、札幌以外の美術館でやってる展示も面白そうなの多いから、それ目的に遠出ってのもいいねえ~と思ったりもしている)

カテゴリ2つ以上選べたらいいのに…

土曜の午前中から出発~
この日は…あまり天気がよろしくありませんで。
道中ガスかかって(こちらでは、ガス=霧のことをいいます…)残念ーって思ったけど、途中峠とかで山の緑にかかるガスがすっごい、仙人が出てきそうな風景でうっとりしてしまった…

水墨画みたい。.:*・゜(n´ⅴ`)η゚・*:.。.ミ ☆

ゆるたん。
奥の山の靄がかった風景みたいな感じ。
さすがに峠では撮る余裕はなかったけど…

ゆるたん。
相当降ってました…
道もびしょ濡れじゃー(((( ;゚д゚)))アワワワワ

函館は、自分の運転で行くのは初めてなので…(子供の頃、親の運転で連れて行ってもらった)
やまちゃんが隣で地図見てナビ役になってもらって行きました。
(うちの車ナビついてないの(;´Д`))

ナビ電波バリ3(古っ!ギャハハハ(≧▽≦))で進みます。

やまちゃんは10年くらい前に行ったんだけど、そのときは函館新道は通ってなかったらしい…
どうも新道とか何処に出るのか不安で…(別に高速じゃないのに)新道沿いの下道をずっと通っていく…

5時間半くらい(途中でコンビニ寄ったりしたので実際はもう少し短縮すると思う)でやーっと函館の町に到着~。
途中大沼寄って遊覧船…の予定だったんだけど、思いのほか遅くなったので中止。
(天気も悪かったので)

最初に五稜郭へ行こう!ということで。

ゆるたん。
これは五稜郭寄った後のだけど、函館の町。
路面電車の路線通り。

ゆるたん。
路面電車の停留所(駅?とは言わんよねえ?)。
肝心の電車はタイミング合わず撮れずじまい…

五稜郭着いたーんだけど、駐車場が工事中で停められん…
外周ぐるっと回ると、五稜郭タワーのすぐ隣に函館美術館があって、そこの有料駐車場に停める。

ゆるたん。
すぐ近くにタワーが。
着いたときは15時頃。タワーは19時まで。美術館は17時まで。
ついでなので、美術館に寄ってみることにしました。
駐車場も美術館利用で2時間無料になるので…

今やっていたのは、「ヨーロッパ絵画の輝き」。
ちょうど翌日で最終日だったようなので、軽ーく観るつもりで入ってみました。

ゆるたん。

これは山形の山寺にある後藤美術館所蔵のヨーロッパ絵画のコレクションの中から、18~19世紀の約80点の作品を展示したものだそうです。

人物画などは、ものすごくリアルなものが多く、歴史の教科書に出てきたような絵が沢山…
宮廷画のようなきらびやかなものとか、今にもカンバスから飛び出しそうなリアルさは一体どうやって??と個人的に不思議に思っていたので、見ごたえはありました。
(ただ、時間も押して少し急いでいたので、いつもの鑑賞みたいにじっくりとまで見られなかったのが残念でしたが)

あれ全部、油彩なんだなあ…
あの衣装のサテン地の光り具合とか皺とか…髪の毛のさらっとふわっとした感じも、油彩なんですなあ…

油彩、実際に使ったことはないけど、アクリルでも油彩みたいに肉厚に塗るの大変なんだよね(・ω・`;)
(人によっては、厚塗り得意な人もいるけど)
重ね塗りだからこそ、リアルな表現ができるのだろうけどね。
水彩はリアルさよりも透明感だから、これで真似て描こうとしてもなかなか難しい。
1点だけ、リアルタッチの人物の水彩画があったけど、やっぱり水彩独特の風合いになってたし。

あとやっぱりカンバスのでかさがものを言うね(笑)
小さいサイズじゃちとむずいわなー。
(サイズとかはわたくしまったくわからないです(;・∀・) ○号とかだよね?)

なかにはミレーの描いた人物画があって(奥さんの叔父さんを描いたものらしい)、これは珍しいものを見たなーとちょっと感激。
ミレーといえば、「落穂拾い」とかの人物がいる風景画っぽいイメージだから、これは意外。
ちゃんとリアルタッチの油彩だし。
やっぱり当時のヨーロッパはリアルなものが主流だったんですねー。

こういう絵には、額縁もゴージャスなものが似合いますね(笑)
素晴らしかったです。ええ(・ー・)


さてさてひと通り観たので
五稜郭タワー行きます。



人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

1. 函館に行ったんですね

もっと早く日記を覗いていたら 色々 観光地を教えてあげられたのに(^。^;)私、函館 詳しいんですよ 穴場な場所もo(^-^)o
函館には 友達や以前 仕事で行ったり…
もう5年 行ってないので行きたいなぁ

2. Re:函館に行ったんですね

>rolex-9さん
おお!そうだったんですかΣ('∀`;)残念。
この記事まだ続きますよ~。
とりあえず有名どころには行きました!穴場には多分行けてないですがそんなに時間もなかったので…(;・∀・)
追々UPしていきます^^

rolexさんは結構行ってたんですね!
私は子供の頃1度行ったきりだったのでほとんど、初めての感覚でした(笑)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。