Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷち絶景・大滝ナイヤガラの滝

昨年三階滝に行ったとき見た、案内板にあった滝に
足を運んでみました。


th_IMGP5452.jpg
三階滝と同じ伊達市大滝区ですが、
大滝の中心街と北湯沢の中間辺り、「大成橋」という橋を渡った先に
空き地のような運動場のような広場があり、そこから遊歩道が延びているので
そのすぐ側に駐車し、歩く。

チップが敷かれている、歩きやすい散策路。
ノルディックウォーキングコースにもなっていて、近辺を周遊できるようになっている。

ちなみに、見た限りでは
ここに来るまでに、滝の看板はありませんので
ドライブついでに偶然見かけて…というパターンはまずないかと思います。



th_IMGP5453.jpg
長流川(おさるがわ)沿いに延びています。
ここからだと滝の気配もない…どれくらい歩くのかな?

途中、小さい橋を2度渡ります。
2度目の辺りで、轟音が聞こえてきました。

遊歩道入口から、歩くこと15分ほど。


th_IMGP5460.jpg
木々の間から、おおーっ!


th_IMGP5463.jpg
ベンチや休憩所なども特になく。
この看板だけがひっそりと佇んでいます。


th_IMGP5464.jpg
この辺りが、もっとも水量の多い場所。
しかも、思っていたより目前で水が落ちている。

ここだと、霧吹きのようなシャワーを浴びることができます。

とっても気持ちいい(* ゚∀゚*).:゚+


th_IMGP5465.jpg
回り込んで、奥から。
別名「プチナイアガラ」とも言うので、まあ、プチなんだよね?
と軽い気持ちで行ったら、期待以上に大きかった。

まあ、本場のナイアガラと比べてしまうとアレなんでしょうが(; ^ω^)

ビューポイントが意外と近くて、全景を写すのは困難。

それにしても、「ナイヤガラ」なのか「ナイアガラ」なのかどっち?


th_IMGP5478.jpg

th_IMGP5480.jpg
落ち口。

川床が黄色っぽい。


th_IMGP5483.jpg
この岩も流れによって削られているのだろう。

上部に、層になっている部分がある。


さてさて、これはさすがに下には降りられないのかなー、と思ったら



th_IMGP5488.jpg
一応、少し急ながらも降りられるような踏み跡があったので。

支流からの流れも滝になっているけど、こちらは川床が赤い。
鉱物含んでいそうな色ですね〜。
近所で冷泉なんかが沸いているのかも?


th_IMGP5492.jpg
下からの眺めも、なかなかです!
これは降りてみてよかった。


th_IMGP5493.jpg
綺麗だ。


th_IMGP5496.jpg
行けるところまで行きたかったが…

生憎、大して遠巻きにしか見られないものだと思っていて
クレープソールの靴で来てしまったので…

クレープは、濡れている場所では、滑りやすいのです。
(実際、岩場も研磨されているように滑らかなので、余計にバランス崩しそうになった)
無理しないでおきます。

トレッキングシューズか長靴で!


th_IMGP5494.jpg
意外と、訪れる人も少ないので、穴場なのかもしれません。
ウォーキング中の2組くらいの人しか出会いませんでした。

1kmほど歩くので、散策がてらおすすめ。
これからの紅葉の時期は、もっと見応えがあるのかもしれません。


おまけ。

ちょっときもいかも…




th_IMGP5499.jpg
こんな木が落ちてました。

面白いけどやっぱりきもいぞー(´゚д゚`)ヤダ
さるのこしかけみたいなキノコがフリルみたいにー

あと、エゾリスちゃんも見ました。
でも、完全野生なので、近づいてきてはくれなかった…

木登りするとき、キツツキみたいなすごい音するのね…


ちょこっとつづく。




関連記事

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

フリーエリア



レンタルCGI

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。