Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七条大滝・徒歩で行く

暖かいうちに軽登山でもしておきたいなーと
支笏湖方面の紋別岳を考えていたのですが
先週の大雨で、つい先日も通った札幌へのショートカットR453が
しばらく通行止めになりそうな残念な事態に。

とりあえず、ボロピナイまでは行けるようなので
その手前にある山の駐車場(支笏湖の住宅街の奥ですが)まで行ってみると、
車はかなり停まっているものの、道の先で重機が作業中というのと
あまり足の調子もよろしくなかったので、今回は見送ることに。

とはいえ、昼前だしそのまま帰るのももったいないので、
ここまで来たら、いいタイミングなので
ずっと行きたかった、あの滝まで行ってみようと…



th_IMGP5438.jpg
R276とR453の、千歳と苫小牧の境界あたりから延びる林道を入っていきます。
ゲートが閉じていたり開いていたりしますが、この時期鍵がかかっていることが少ないようで…

割と車も入っていったりしているようですが、自己責任で。
私は、ゲート前に駐車して、歩いていきます(ゝω・)v

最近、この近辺でクマの目撃情報も多いので
クマ除け鈴つけていきます。


th_IMGP5377.jpg
歩くには申し分ないくらいの道幅。


th_IMGP5434.jpg
大雨の影響か、一面水溜りの箇所もあった。
脇へ捲いて、遣り過ごす。


th_IMGP5378.jpg
少し行くと、見通しが良くなって明るい雰囲気になる。
不気味さはなく、歩きやすい。

これも、数年前の台風の影響で
復興途中なのかもしれない。


th_IMGP5379.jpg
しばらくすると
ゲートのある分かれ道に。

ゲートは越えずに右に行きます。



th_IMGP5423.jpg
右折後しばらく歩くと、左側にまた
ゲートがある。

ここまで来たら、もうすぐです。

ゲートを越えずにそのまま真っ直ぐ行くと…


th_IMGP5382.jpg
逆光でわかりづらいですが…(; ^ω^)

「七条大滝」の看板がちゃんと立っています!
キタキタ!

ここから、入っていきます。



th_IMGP5385.jpg
少し入っていくと、水の流れる音が聞こえてきます。
今まで全く川の気配もなかったので、本当にこんなところに滝が?と不思議だったけど…

この木製階段を降ります。
が、これがまた段差がバラバラな上急坂なので、地味にキツい。

しかも、土嚢が敷かれているのだけど、これが濡れているので滑る。
ここまで歩いてきたことよりも、この階段の往復が一番キツかった…


th_IMGP5413.jpg
次第に轟音が大きくなってくる。

見えた〜!


th_IMGP5389.jpg
勢い激しすぎるような気が…!

やっぱり大雨の後のせいか水量も多い。


th_IMGP5405.jpg
立派な看板もある。

けど、ここまで降りるのにちょっと斜面が崩れていたような…
用心しながら降りました。

このポイントからでも飛沫が凄まじかった…
レンズにばしばし水滴がΣ( ̄□ ̄;)



th_IMGP5401.jpg
この川は勇払川になります。
この流れが、苫小牧の水道水になっているという。


th_IMGP5407.jpg

th_IMGP5408.jpg
元々そうなのかはわからないけど、
滝周りの崖に、小さな滝ができていたり
水が絶えず滴っていたので、もし大雨の影響だったら崩落の原因にもなりそうで
少し怖いなと思ったり。

とりあえず、立ち入り禁止の情報はなかったので
来てしまったけど、
想像以上に見事な滝だったので
そういう心配のない時にまたゆっくり見に来たいです。

冬かな?


th_IMGP5412.jpg
遊歩道、階段を見上げてみると、
手すり部分が結構崩壊している。

上るのに、握ってみると
木がふやけていて、もしやあの大雨で浸かったのかも?と。
数日経ったけど、乾ききっていないようだ。


th_IMGP5429.jpg
階段の上り下りで膝にきたものの
道はアップダウンがないので比較的楽でした〜。

行きに、ちょっと違う道に入ってしまって時間ロスしてますが笑
獣道みたいのとか、車の轍みたいのは無視して良いです。
(距離感わからなくて、曲がる場所を間違えた)

迷わなければ片道30分で行けます。


th_IMGP5436.jpg
あの水溜りで、カナチョロの子供に会う。
かわいいね。

あと、トンボとチョウチョの繁殖期だったらしく
追いかけっこが繰り広げられておりましたとさ。


何事もなければ、体力蓄えて
スノーシュー持って冬にでもまた来ます〜


関連記事

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。