Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積丹紀行2014.8ーその1

先日、積丹方面にちろっと行ってきましたので
ちろっとアップしておきます。

まともに行ったのは2008年4月、それ以来です。
あとは道の駅めぐりで通ったくらい。


お盆前の週末だったので
台風が近づいてきているという情報とは裏腹に、そちら方面は
夏らしい好天でした。


th_IMGP5152.jpg
有名なローソク岩。

このポイントのすぐ側に
封鎖された旧トンネルがあるのですが、柵で通行止めでした(; ^ω^)


th_IMGP5155.jpg
その先にある漁港からの眺めも好きです。


th_IMGP5157.jpg
漁港のすぐ側には、「豊浜隧道」の名を冠した
封鎖トンネル。

そうここは、あの事故のあった豊浜トンネルの
旧トンネル、ということらしい。

事故のあとに、新しい現トンネルが出来るまで
緊急措置として一時期再開したこともあったらしい。
(この辺りの成り行きは複雑なので、気になる方はぜひ
事故のことも併せて調べてみてください。)

ちなみに現在の豊浜トンネルはこのすぐ近くにあります。
今回は立ち寄りませんでしたが、それを抜けると、
慰霊碑が設置された「防災祈念公園」があります。


th_IMGP5158.jpg
そして、あの廃ロープウェーも健在。
とはいえ、茂みがすごくて一度見落としてしまった…

夏場は完全に埋もれてしまうようですが、この先にあるのは
昭和の時代のライダーに人気があったという山荘跡。
「チニカ山荘」といったそうです。

このロープウェーもどきは、スキー場の一人乗りリフトを動かしていたものだとかなんとか。
(山荘とは関係ないらしい?)



ここまで来たら、普通の観光もしましょう…( ・ω・)

th_IMGP5160.jpg
「日本の渚100選」の一、島武意海岸。
この小さなトンネルを…


th_IMGP5185.jpg
.:゚+((Pq´∀`*)) .:゚+ワックワクゥ.:゚.

でも暗いし狭い。
向かいから人が来たら、若干譲り合う感じで。


th_IMGP5184.jpg
ひんやりとした上、なかなスリルのあるトンネルでした…

抜けた先に広がるのは、


th_IMGP5162.jpg

th_IMGP5161.jpg

th_IMGP5165.jpg
なんということでしょう…!

積丹ブルーが。



th_IMGP5163.jpg
なぜ、場所や季節によってこんなにも海の色って違うんでしょ。

ここ、下の浜まで降りて行けるので、


th_IMGP5164.jpg
行ってみますよ…

しかしここも、断崖なので
地味につづら折りの階段を下り続けるという。

景色は素晴らしいのでゆっくりと。


th_IMGP5167.jpg

th_IMGP5168.jpg
石垣に囲われた何かの遺構を見つつ、降りて行きます。


つづく。




関連記事

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。