Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠軽町瀬戸瀬 セトセ温泉ホテル

鴻之舞を一旦離れて、丸瀬布の道の駅でちょっと休憩。
そういえば、今朝温根湯で少し食べたきり何も食べていなかったので

th_IMG_1779.jpg
ご飯時をとうに過ぎた食堂で、ラーメニング。
塩ラーメンのはずなのに、醤油のような色の、でも塩味の、
不思議なラーメンだった…(・ε・)


腹ごしらえはできたので、お風呂へ行きます!


道の駅から遠軽の町方面に進み
瀬戸瀬駅あたりから山の方へ入る道道をずっと走ると、ゲートで行き止まりになっている場所に
こちらの素敵に昭和な建物が姿を現します。


th_IMG_1781.jpg
「ホテル」というくらいなので、宿泊もできる模様…
今回は、日帰り温泉のみで、お邪魔します。

着いたのは16時頃だったのですが、この時間でも駐車場がギリギリ満杯。
思っていたより多くの方が来られていたので、写真は外観のみで。

玄関に入ると、昭和の趣きの内装。
木造の下駄箱に靴を入れたら目の前が受付。

こちらで入浴料500円を支払い、下駄箱の横にあるロッカーに
財布など貴重品を入れ、脱衣所へ〜
脱衣所にはロッカーがないので、入口ロッカーなのかなるほど。

浴場は、大きなひょうたん型の浴槽がひとつだけ。
周りの壁に洗い場を設けているだけのシンプルなつくり。

露天はないようだけど、最近はこういうのが良い温泉なんだろうなと
思い始めて来たので、まったく不満はなく。

お湯は透明のアルカリ泉で、床も浴槽も掃除が行き届いているようで
とても綺麗でした。
床もタイル張りで明るい雰囲気。
湯温もちょうどよろしくて。源泉が43℃らしいので、
加水も沸かしもせずそのままの湯に入れるとは
なんと人間の感覚にぴったりなお湯が湧き出ていることか…!
(こういうケースはめずらしいようだ)

こういうシンプルなお風呂、今度はどこの浴槽に入ろうかとか悩まなくてすむ笑
純粋に温泉を楽しむには、好都合ですねー

あったまった(*´д`*)〜з


上がって玄関へ行こうとしたら、受付近くに
黒柴っぽい雑種わんこがいて
ちょこちょことしっぽ振って近づいてきたので、なでなでしてかまってあげた。
可愛い〜キャッ,*。;(つ∀`o)゚+゚

看板犬(猫とかでも)のいるお店とか宿とか、個人的にたまらんのです〜
構い方が不器用ですけど(^∇^;)ハハ… 好きですよ?


外に出てもまだ明るく、まだ寝る場所に向かうのも早いような気がしたので
もうちょっと寄り道します。

つづく。


関連記事

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

フリーエリア



レンタルCGI

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。