Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴻之舞鉱山再訪ー変電所・大煙突

そしてここへ来た最大の理由は、
あの、大煙突の周辺、特に変電所をどうしても一目見たかったからです。


th_IMGP4694.jpg
山道を少し歩くと、姿を現す遺構群。
感激です!


th_IMGP4716.jpg
これが変電所。


th_IMGP4699.jpg

th_IMGP4700.jpg
素敵だ〜!

思っていたより小さめの施設だったけど、白壁と窓の形が美しい。


th_IMGP4698.jpg
ここが入口だったのだろうか。
アーチ型がモダンで素晴らしい。


th_IMGP4713.jpg

th_IMGP4701.jpg

th_IMGP4703.jpg
2階には、机がぽつんと。
多分、事務所だったのだろう。

とても絵になる風景だった。


th_IMGP4717.jpg
変電所すぐ隣の遺構。


th_IMGP4718.jpg
変電所のミニチュア版というような内装で、シンプルだった。


th_IMGP4719.jpg
奥に回ったところにも、何かしらあったのだけど
木々に埋もれてちょっと無理だった。


th_IMGP4720.jpg
そして、あのシンボル大煙突。
元山製錬所にあったものだという。

やはり、こちらもボイラー設備の煙突で
鴻之舞の町に湯や蒸気を供給していたのだそうだ。


th_IMGP4723.jpg
真下にあるこのトタンの建物もボイラー?と思ったら、
廃鉱後に建てられたゴミ焼却施設だとか。


th_IMGP4721.jpg
下部分はレンガになっていて
何かを燃やすためのものだろう、というのは何となく見当が。


th_IMGP4722.jpg
その隣には、外壁だけの建物。
こちらが鉱山現役当時の建物でしょうか。

鴻之舞の遺構は、このような外壁だけハリボテ状態でかろうじて
痕跡を残しているものが多い印象。


目的が果たせて良かった!


※管理されている場所です。立ち入って発生したトラブルや事故などについては
当管理人は一切の責任を負いません。



つづく。



関連記事

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。