Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

万字炭山森林公園を歩く

以前、万字炭山森林公園に行くもちょうど土砂降りに見舞われて
まったく外に出られない状態で退散したので、今回リベンジすることにしました。

とはいえ前回ほどでないにせよ、天気も曇りがちで
さらっと歩くだけにとどめてしまった。



th_IMGP4445.jpg
公園、とはいえこの駐車場まで辿り着くのがちょっと大変?

駐車場はとても広い。
けど他に停まっている車は1台くらいしか…(; ^ω^)

案内板を見ると結構広そうだなー
短時間で全部歩くのは厳しそう。


th_IMGP4432.jpg
とりあえず、遺構が見れそうな場所を軽く歩いてみる。

この橋とか、道は多分整備されている、はず。


th_IMGP4433.jpg
トンネルから流れる川。
これも炭鉱の遺構っぽい。


th_IMGP4434.jpg
渡った先で、遠巻きにこちらが見えたので。
開閉所とかそういう建物に似ている。



th_IMGP4435.jpg
側にあった路線の橋のようなもの。

先ほどの橋の地点まで戻って、逆方向へ向かう。

そちら方面、カーブを伴う坂になっており、一体どこへ繋がっているんだろう…と
心細くなりつつも、上りきった先にはもう一つの駐車場が…

あれ?ここって車ではどこから来れるんだろう???

んー、この公園の地形というか構造がよくわからない笑


そこは、ズリ山に近い駐車場で
そのズリ山も登ってみようか、とは思っていたものの…

途中まで(50段くらい)登ったところで、ギブした(*´∀`*)

なんか、結構距離ありそうで時間もかかりそう(特に私の体力では)なので。
実際、日本一のズリ山階段とかいうじゃないですか…
2000段越えって、赤平のよりはるかに強烈じゃないか((((;´・ω・`)))

あれ…確か赤平のズリ山も日本一うたってなかったっけ…?


今度、本当にここ目当てでまた来ます…


th_IMGP4437.jpg
ズリ山から下りの道へ進む。
このあたりは「せせらぎの森」というエリアらしい。

遊歩道、俯瞰で見ると楽しいね。


th_IMGP4439.jpg
レンガ造りの遺構。巻き室みたい。

中へ入れないということもなかったようですが…
急斜面のなか水路を跨ぐ必要があります。

先を急ぎたかったのでスルーしましたが
行っておけばよかった。


th_IMGP4440.jpg
手作り感あふれる橋。


th_IMGP4441.jpg
ちょっとした滝もあり。


th_IMGP4442.jpg

th_IMGP4443.jpg
ところどころ遺構の欠片的なものは見かけるものの
道なりに目立った建物は見つからず。


th_IMGP4444.jpg
車を停めてある方の駐車場へ戻って来た。

駐車場入口には、この選炭場の遺構があるのです。


th_IMGP4446.jpg
トンネルのようなものもあって、特徴的。

そんなこんなで、やはりというかポツポツ降って来たので退散。
本当にさらっと歩いただけになってしまった。


この辺り、土地柄なのか私が来たときに限るのかわからないけど
必ず天候崩れる(ー_ー;)


万字の雨女の名を欲しいままにしそうだ…



公園を出て、ちょっと進むと
旧駅舎跡(建物は撤去済み)らしい場所にも桜が。

th_IMGP4453.jpg

th_IMGP4451.jpg
ここでも時期だったとは。

白い桜もいいものですね。
色々種類があるらしい。


つづく。


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。