Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

雄別炭鉱探訪ーボイラー煙突周辺

舌辛(したから)川という川沿いに雄別の町が広がっていたようです。

th_IMGP2958.jpg
川にもところどころ名残を見つける。

橋脚は、鉄道のものか生活道路のものか。

追記:こちらは「緑橋」といい、緑ヶ丘町という地区へ繋ぐ橋だったという。


th_IMGP2959.jpg
そして、やはりありました煙突。


th_IMGP2960.jpg
すぐ下までのアプローチがあるので、入ってみる。


th_IMGP2961.jpg

th_IMGP2979.jpg
煙突下、裏側。

th_IMGP2980.jpg
さすがに、扉は閉じられていた。

総合ボイラーといい、ここで商品にならない石炭を燃やした蒸気を
各地区に送り、暖房用や浴場のお湯を沸かしていたそうです。


この辺り、山の方へ向けて開けていたので(とはいってもそこそこ薮ある)
ちょっとまた色々探してみようと車を降り、歩き出すも
どうも、クマ除け鈴の音がしない…

あ…なんか、落としたっぽい?

車の周辺や内部を探すも、見当たらない。

(´;ω;`)

輪っかが細くて若干伸びてたので…そこから落ちたのだろう。
何となく、購買会周辺のような気がするけど、正直そこが確実とも言い切れない。

もう、ここは賭けに出るしかない。

いちかばちか、そのまま行く。
鈴があれば100%安心、というわけでもない。はっきりいって運でしかない…
(かといっておすすめはできませんので…)


th_IMGP2962.jpg
と…周りがざわついたと思ったら…

早速シカが現れた!!

おしりもっふもふやなぁ〜(*´Д`*)ハァハァ

…じゃなくて、
頼むから、驚かすな〜!というか
驚かしてゴメン(´-ω-`)) ペコリ

そのまま軽やかステップで去って行った。


th_IMGP2964.jpg
奥の方に、やっぱりというか何やら発見。


th_IMGP2975.jpg
ホッパー?


th_IMGP2968.jpg
貯炭場っぽい?


th_IMGP2969.jpg

th_IMGP2970.jpg
手前のはトンネルに見える。

鉄道、ここを通ってたのでしょうかね?


th_IMGP2989.jpg
この台形…なんかよく見る土台みたいな橋脚。
橋脚?


炭鉱施設であることは間違い無さそう。
さらに奥に行けばまだまだありそうだが…さすがにここでやめておく。

道路から距離的にはさほど離れていないのだろうけど、
身一つで分け入る環境では、かなり奥に行ってしまったような感覚になる。

追記:こちらで、ボイラー煙突の裏側(山側)辺りに選炭場の表記を確認。


th_IMGP2991.jpg
車に戻り再び道に戻って走り出すと、こんなものも見つけた。

橋脚ですよねー!
廃線跡、そこそこ残っているようで。
もしかしたらトロッコ列車のものかもしれないけど。

追記:そして、その辺りにトロッコ土台の表記を発見。

廃線跡も、辿ってみたら面白いんだろうなあ、とも思う。

つづく。



関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。