Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

恵庭岳に挑戦2013・前編

昨年、9月も下旬になるかという頃。

寒くなる前に山の一つも登っておきたいなあと、
うかうかしてると良い天候の日を逃すので、思い切って行動〜(´・ω・`)ノ

近場と言えば、有名どころは樽前山か恵庭岳か…
樽前山は経験済みだし、いつも登山口の前をスルーしていて気になっていた
恵庭岳の方にしますかなーと。

しかし調べてみたところ、そこそこ中級〜上級者向けとかいうじゃないですか。
片道3時間以上、しかも途中鎖場があるとかでハードだという。

それで、わたくしの登山スキル、経験したのは何処でしょか?


…えーとね、んーとね、
樽前山とー、樽前山とー、たるm


…樽前山だけじゃねーか!!Σ(T∀T|||)
あ、赤平のズリ山も ボソッ…

それでも、社台滝下も経験したし、あれで片道5時間耐えたから
それよりはまだマシでしょう…ということで。

途中どうしても無理そうなら、戻ればいいや精神で・笑

道中はほとんどスマホです。
一眼持って行ったけど取り出す余裕などありませんでした(; ^ω^)


th_IMG_1418.jpg
R453、支笏湖通りの登山口からスタートです。
朝8時半と予定より少し遅めに着いたら、駐車場はほぼ満杯。
やっぱり山となると皆さん早めに行動しておられるのだなあ。

入山届けに記帳して、いざ出発!

最初はこんな感じの道。平坦なのでこの時点では楽々。


th_IMG_1424.jpg
少し行くと砂防ダムと苔の大岩ゾーンがあり、
そこを越えると程なくしてこんな感じで険しくなってくる。


th_IMG_1425.jpg
林の中を縫うように細い道が続く。
道は良くないけど、まだ傾斜は緩い方。


th_IMG_1426.jpg
しかし距離が長くて長くて。
○合目とその都度看板が掲げられているので道のりの目安にはなるのだけど…
とにかく、長い…(;´Д`)ハァハァ

出発は1合目から、らしいのでこれでやっと半分。
ここで2時間は軽くかかってます…涙

リュックに入れた一眼が重い…スマホで十分かも。


th_IMG_1428.jpg
木々が鬱蒼としていて、基本眺めは良くない、のですが
5合目を越えるとたまに切れ目から支笏湖が。

水分は沢山持ってきたので、休み休みマイペースに行きます。

しかし進むにしたがって急勾配に。

途中、後から来た人に道を譲ったり、一人で登りに来た方とちょこっとお話したり。
つい先日、羊蹄山に登って来たのだとか。それくらいの方でもここは結構きついとか…

うおお、これは先行き不安になってきましたよ…


th_IMG_1429.jpg
息も切れてかなり体力を消耗した頃に、やっとこの難関が!

恐れていた鎖場(ロープだけど)です。
慣れている人はそのままでも登れそうだけど、
ここはひとつ、ちゃんと掴まって登ってみることにします…

ストック持って来てたけど、正直要らなかった、かも。
こういう場所では邪魔にしかならない、なー


th_IMG_1430.jpg
登りきって振り向いたところ。

うん、結構な傾斜だったようだ…

途中、足が攣って死ぬかとおもた(´;ω;`)


th_IMG_1431.jpg
登りきってすぐ、この岩が立ちはだかる。

…というか、もうこれが正規の登山道なのか今となっては不明すぎる。
これを越えた先は


th_IMG_1432.jpg
こんなビューが待っていました…+:。ヾ(o・ω・)ノ゜.+
支笏湖ブルーが!

ああ、登ってきた甲斐があった!!

この辺りは大岩と白土の広場になっていて、多くの人が休憩中でした。
ここが頂上?なのかな?


…と思ったらー


th_IMG_1434.jpg
まだ更に、道は続くのであった…...(o;_ω_)o バタ...

しかも獣道然としたすれすれ道。
あと一息、とはいえ足の運び方がまずいのか、定期的に足が攣るように。
これはつらい…


th_IMG_1435.jpg
しかし、右手方向にオコタンペ湖が。
綺麗な青だなー


痛めつけられてはご褒美、を繰り返しているような。

まさしく飴と鞭(ー_ー;)


th_IMG_1442.jpg
目印になりそうな木を見て、あと一息。

あと一息、といいながら、重い体を引きずっているため
なかなか終わりが見えてこない。

無事、登りきれるのか??


つづく。


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

フリーエリア



レンタルCGI

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。