Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

美瑛・白金不動の滝+ちょこっと丘

そして、白金温泉から青い池方面に戻る途中にも滝マークがあったので
もちろん寄ってみる。


th_IMGP2414.jpg
道沿いに看板もあり、しかもバス停まであるので
これはアクセスしやすいかも!と期待。

駐車スペースは、このバス停と兼用?
広めに取ってあるようだけど、なるべく邪魔にならないよう端っこに…


th_IMGP2415.jpg
滝の名どおり、お不動様をまつってある霊場のようです。
なかなか重厚な雰囲気。

さて、どのくらい歩くのでしょうか…

th_IMGP2416.jpg
針葉樹林ということもあってか、空気がひんやりする。

途中、レクリエーションなのか地元の中学生?くらいの一行とすれ違う。
挨拶してくれるとは、嬉しいですね。

調べたところによると、ここは白金新四国八十八ヶ所の一つらしく、
その石仏が並んでいるのだそうで。
四国八十八ヶ所の北海道版、最近ちょこちょこ聞きますね。


5分も歩いたところで、着きました。


th_IMGP2418.jpg
これも素晴らしい〜!
ここは滝の真ん前まで行ける、穴場的な場所ですかね。

横にお不動様もいらっしゃいます。
霊場の雰囲気もたっぷり。

水量が多くて、マイナスイオンもたっぷり?
何より、とても涼しい!

時期的にも蒸し暑かったので、ここはいい避暑地です。


th_IMGP2419.jpg

th_IMGP2431.jpg
水も、とても冷たい。
そして綺麗〜


th_IMGP2425.jpg

th_IMGP2430.jpg

th_IMGP2420.jpg
石や木が、苔の楽園でした。
この周辺の木の根が、樹齢を感じさせる。


th_IMGP2426.jpg
太古の密林を彷彿とさせる。
この流れは、いずれ美瑛川に合流するようです。

先ほどのご一行の仲間なのか、ここにも学生さんと先生らしき人が何人か集まっていて
思ったよりは賑やかでしたが、ひんやりした空気がやっぱりこの時期心地よく。
しばらく涼んでいました。


締めくくりに良い滝に出会えたなあ、と満足しつつも、
帰り道なので美瑛の丘もちょこっと見たいなあ…、と思ったものの。


th_IMGP2438.jpg
あんまり撮れてないのでついでにここに上げてしまう(ー_ー;)

適当に流して見つけた場所、確か「新栄の丘」だったと思います…


th_IMGP2433.jpg
展望所隣にお家兼レストランみたいなお店があって、
「ご自由にどうぞ」という看板に従ってちょっとお邪魔してパチリ。


th_IMGP2434.jpg

th_IMGP2436.jpg
肉眼では広大で美しい風景なのですが…
曇り気味のせいかどうも撮影難しい。

ビューポイントが別にあるのかしら…
有名どころの良さを自分なりに見出すのが、結構苦手かもしれないです・苦笑


農作業中の方も遠巻きに見えたのですが、
ここをはじめ美瑛の丘って観光のために作られたのではなくて、
ここを切り開いた結果風光明媚な場所になったということですよね?

緩い丘陵地だけど、農地としてはアップダウンが激しく
お仕事大変だろうなあ、と思うのですよね。


せっかくの美しい場所、迷惑にならないように楽しみたいものです、ね…


th_IMGP2439.jpg
他にも丘や説明不要な有名な木も見たかったけど、
何せ適当に走ったり、時間的体力的にこれが限界でして。

うん、色々詰め込みすぎですね笑
次の機会に…ということで、帰路に。

行き当たりばったり旅もたまにはいいじゃない(。・Θ・)(・Θ・。)ネー


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。