Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

お久しぶりです!

またまたお久しぶりになってしまいましたが、しるひです。こんにちは!
同行者が見つかったので先週の日曜日に三弦橋を見に行きました!
もはや湖面はぎりぎりまで迫っていましたが、やっぱり美しいですよね。この姿は将来に残すべきだと思いました・・・。
廃線好きの友達と行ったので、三弦橋の近くにある別の小さな橋(こちらは三弦橋ではないですが、いい感じの橋です)も教えてもらい、写真に収めました。

ダム管理センターの中では模型や写真の展示が行われており、その資料によると、かな~~~り渇水にならないと、三弦橋は現れないようですね。

シューパロダム大渇水のニュースがあればまた飛んで行って見たいです!
  • 2014-04-09 22:40
  • しるひ
  • URL
  • 編集

*しるひさん*

お久しぶりです!お返事遅くなってすみません。
三弦橋行かれましたか、沈む前に間に合ってよかったですね!
今ちょうど、沈んでいる最中のようですね。
綺麗な形の橋、三弦橋を知ってから、その他の橋にも興味を持ち始めたので、私にとってはある意味、そんなきっかけを作ってくれた恩人的な存在でもあります。。

ご覧になった近くの橋は、三弦橋に続く森林鉄道の橋ですかね?
道路橋なら白金橋、
http://shinotakasan.blog13.fc2.com/blog-entry-370.html
炭鉱鉄道なら旭沢橋梁
http://shinotakasan.blog13.fc2.com/blog-entry-369.html
などもありましてこちらも美しい橋ですが、同様沈んでしまうようです。

沈んでから、再び姿を現すのはやっぱりレアなケースなんでしょうね。
ニュースは要チェックですね!
  • 2014-04-17 00:02
  • しのさん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

三弦橋2014・水没間近

旭川周辺旅行記事の途中ですが…

昨日、しばらく記すことのなかったあの三弦橋を、
上位置からですが間近に見ることができたので、個人的記録として更新しておこうと思います。

こちらで最後に更新したのが2011年12月。
その後もちょくちょく新国道は通っていたのですが、遠巻きにしか見られないものに
いつまでも執着していても、と、それからは単独には記していなかったのですが。

シューパロダムが完成し、試験湛水が始まっているとの話を聞き
ああ、始まっちゃったな、と思ったのもつかの間、
偶然か、市かダム関係者の粋な計らいか、橋のすぐそばがダム管理センターになり
そこまで車で行き着けて、橋も上から見下ろすことができるという情報を得ることができたので
これは行かねば!と、個人的に行ける日を調整しておりました。

でも、それは湛水で橋が沈むまでの間。
4月中旬には水没するかも?とのことだそうなので、興味のある方はお調べいただいてぜひお早めに。

(ダム(湖)の水量によっては、一時的に水面に現れたりする可能性もあり、まるでタウシュベツのようですが
この環境だと数年もすれば破損してしまいそうではあります、
タウシュベツもあと1シーズン持つかどうかのカウントダウン状態だとか)


th_IMGP4094.jpg
このアングルで見るの、ひそかに憧れでした笑


th_IMGP4095.jpg

th_IMGP4102.jpg
こうやって見ると、三角形のつくりだというのがよくわかります〜!

綺麗な形状ですね。


th_IMGP4104.jpg
ここから旧道を見る。

今までは、あの位置から真横を見ていた。
あのトンネルも、ぷち探険しましたねえ〜

横にあった大夕張ダムの管理棟は、すでになくなっていました。
あの道路もトンネルも、丸ごと沈みます。


さすがに斜面も急だし柵もあって真っ正面からは、見れないよなあ…と、
柵伝いにずっと橋を眺めながら移動していると、


th_IMGP4108.jpg
ズーーーム、ですがこれは!
上からだけど一応正面か…!

これはこれで嬉しい。
下部分、こうなってたんだー。

列車の目線とはいかなかったけど、満足。ということにしておこう!


th_IMGP4118.jpg
完成したシューパロダムの姿。


th_IMGP4119.jpg
どの辺りまで湛水するんだろうなあ…


th_IMGP4125.jpg

th_IMGP4121.jpg
ここまで来たら、湖上に現れたときも
本当に破損して見られなくなるまで見届けたいかも、です。


長期飛び石連載となりつつある三弦橋記事ですが
またなにかありましたら綴っていく所存です。


過去の三弦橋記事↓
1.http://shinotakasan.blog13.fc2.com/blog-entry-294.html
2.http://shinotakasan.blog13.fc2.com/blog-entry-307.html
3.http://shinotakasan.blog13.fc2.com/blog-entry-373.html
4.http://shinotakasan.blog13.fc2.com/blog-entry-379.html


関連記事

コメント

お久しぶりです!

またまたお久しぶりになってしまいましたが、しるひです。こんにちは!
同行者が見つかったので先週の日曜日に三弦橋を見に行きました!
もはや湖面はぎりぎりまで迫っていましたが、やっぱり美しいですよね。この姿は将来に残すべきだと思いました・・・。
廃線好きの友達と行ったので、三弦橋の近くにある別の小さな橋(こちらは三弦橋ではないですが、いい感じの橋です)も教えてもらい、写真に収めました。

ダム管理センターの中では模型や写真の展示が行われており、その資料によると、かな~~~り渇水にならないと、三弦橋は現れないようですね。

シューパロダム大渇水のニュースがあればまた飛んで行って見たいです!
  • 2014-04-09 22:40
  • しるひ
  • URL
  • 編集

*しるひさん*

お久しぶりです!お返事遅くなってすみません。
三弦橋行かれましたか、沈む前に間に合ってよかったですね!
今ちょうど、沈んでいる最中のようですね。
綺麗な形の橋、三弦橋を知ってから、その他の橋にも興味を持ち始めたので、私にとってはある意味、そんなきっかけを作ってくれた恩人的な存在でもあります。。

ご覧になった近くの橋は、三弦橋に続く森林鉄道の橋ですかね?
道路橋なら白金橋、
http://shinotakasan.blog13.fc2.com/blog-entry-370.html
炭鉱鉄道なら旭沢橋梁
http://shinotakasan.blog13.fc2.com/blog-entry-369.html
などもありましてこちらも美しい橋ですが、同様沈んでしまうようです。

沈んでから、再び姿を現すのはやっぱりレアなケースなんでしょうね。
ニュースは要チェックですね!
  • 2014-04-17 00:02
  • しのさん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。