Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

羽幌たんけん2013・運搬立坑 その3

時間が差し迫って、一度外へ出たものの。


IMGP0745.jpg
やっぱり、気になるんですよね…




(この間は省略。大変危険です!!)





IMGP0752.jpg
辿り着いた先。


IMGP0753.jpg

IMGP0754.jpg
見覚えのある、おなじみの機械たち。


IMGP0755.jpg

IMGP0756.jpg

IMGP0758.jpg
他の炭鉱などで見たものと比べて、色彩がビビッドだ。


IMGP0759.jpg
当時としては画期的な、コンピュータ制御を導入したシステムだったそうだ。


IMGP0760.jpg

IMGP0761.jpg

IMGP0768.jpg

IMGP0769.jpg
『人を運搬する巻上装置』

あっ、ここにも!


IMGP0771.jpg
掛けられていた工具がどのようなものだったのか、気になります。


IMGP0773.jpg

IMGP0774.jpg

IMGP0775.jpg
さらにこの先、気になったのですが…

時間が……危険が……で、断念。



IMGP0777.jpg
窓から見える羽幌の山々で、満足することに。


IMGP0776.jpg
この山々に、かつて大勢の人の暮らしがあったことを思うと、
胸が熱くなります。


IMGP0778.jpg

もう来れることもないかもしれないけど
ここまで見れて、本当に良かった。

(コスプレおじさん、色々ありがとうございました…!)


立坑、期待以上だったな。
嬉しかったな、ちゃんと見れて。


でも、まだ探索は続くのです。


つづく。



関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。