Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

初めまして

初めまして。いつもブログ拝見させて頂いております。
貴殿のように羽幌の坑口跡探しとかやってみたいなぁと思う今日この頃。羨ましい限りです。

すでにご存じかも知れませんが、円柱状の建物は、かつて上羽幌からやってきた索道の終点でした。索道に乗って来た石炭がここで回収され、立坑からトロッコで上がってきた石炭と合流⇒そのまま選炭工場へと言う流れだったそうです。

長文失礼致しました。
お体にお気をつけて

*はっしーさん*

はじめまして、コメントありがとうございます。
拙いブログですが、ご覧いただき嬉しいです。

羽幌の坑口に関しては、当時私もあまり詳しくなくて、同行の方が案内してくれたものでして、時間的なこともあって上羽幌は特に私的には不完全燃焼でした…それだけ羽幌は魅力的な場所ですよね。

円柱建物の情報、ありがとうございます!
上羽幌の索道の終点だったんですね、探索時から根詰めて調べることができていなかったので、ありがたいです。

はっしーさんのブログ、大変興味深く拝見しました。
炭鉱や旧道など、色々行かれていたり調べていらっしゃって、良いなあと、またぜひお伺いいたします。
  • 2014-11-14 01:32
  • しのさん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

羽幌たんけん2013・運搬立坑 その2

結構たくさん撮ったのですが
内部は薄暗いので…ブレブレ難しいですね。


IMGP0687.jpg
これは当時ばかりでなく、やはり現在でも有効な注意書きなんですよね…?


IMGP0688.jpg

IMGP0694.jpg
ここでは、浴場が立坑施設内にあるんですね。

入浴心得が熊の湯を思い出させる。


IMGP0698.jpg
やはり、ここも水溜り状態。


IMGP0699.jpg

IMGP0704.jpg
炭鉱の浴場は、大きめの主浴槽と上がり湯と、2つの浴槽があるのが一般的とか。
大きい浴槽で煤を落とし、上がり際に綺麗なお湯で…という感じ。

こちらも、このコーナーの浴槽は上がり湯だったりしたのかも。


IMGP0706.jpg

IMGP0705.jpg

IMGP0709.jpg

IMGP0711.jpg
こちらは、壮絶な感じがしますね…

傷み具合が半端ない。


IMGP0713.jpg

IMGP0715.jpg
「機電課」という案内板があったので
受付や事務的スペースだったのだろうか。

ぐるっと、窓口が設けられていた大きなオフィスのような感じです。
電話交換とかもしていたのだろうか…


IMGP0717.jpg

IMGP0720.jpg
給湯室があって、その奥は更衣室。
木製のロッカーだったんですね。
ここは事務方の従業員用ですかね。


IMGP0722.jpg
窓から晴れ間が。探索しているうちに晴れてきたようで。

建物に占められているけど、なんかいい景色。


IMGP0723.jpg
この円柱状が気になる。


IMGP0729.jpg
タイムカード置き場。
(ここかなり暗くて撮るの難しかった…三脚持ってきてなかったし)

すごくたくさんの鉱員が働いていたのですね…これは圧巻でした。


つづく。


関連記事

コメント

初めまして

初めまして。いつもブログ拝見させて頂いております。
貴殿のように羽幌の坑口跡探しとかやってみたいなぁと思う今日この頃。羨ましい限りです。

すでにご存じかも知れませんが、円柱状の建物は、かつて上羽幌からやってきた索道の終点でした。索道に乗って来た石炭がここで回収され、立坑からトロッコで上がってきた石炭と合流⇒そのまま選炭工場へと言う流れだったそうです。

長文失礼致しました。
お体にお気をつけて

*はっしーさん*

はじめまして、コメントありがとうございます。
拙いブログですが、ご覧いただき嬉しいです。

羽幌の坑口に関しては、当時私もあまり詳しくなくて、同行の方が案内してくれたものでして、時間的なこともあって上羽幌は特に私的には不完全燃焼でした…それだけ羽幌は魅力的な場所ですよね。

円柱建物の情報、ありがとうございます!
上羽幌の索道の終点だったんですね、探索時から根詰めて調べることができていなかったので、ありがたいです。

はっしーさんのブログ、大変興味深く拝見しました。
炭鉱や旧道など、色々行かれていたり調べていらっしゃって、良いなあと、またぜひお伺いいたします。
  • 2014-11-14 01:32
  • しのさん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。