Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

羽幌たんけん2013・第二橋梁

昨年夏にチラ見程度で帰ってきてしまった羽幌炭鉱。

2月にお会いしたあの「めもりある探検隊」の探索会が5月に催されるというので、
これはいい機会!と参戦してきました。

こんなに早くにリベンジできるとは!

夏場や一人では難しいあの場所や、知らなかったこんな場所にも…!

ちなみに、実質的な3代目カメラデビュー戦でもありますw
まったく使い慣れてなどいないので、あんまりコンデジの画と変わらないような( ;∀;) カナシイナー
まず、ホワイトバランスをだねー…


まあ、生暖かく見守ってくださいw



まずは手始めに。
やっぱりここですね!


IMGP0130.jpg
炭鉱鉄道の第二橋梁。


IMGP0133.jpg
この時期だから、茂みもなくよく見えます。


IMGP0135.jpg
橋脚のコンクリートの年季っぷり。

雪解け水の影響か、川の水量が多いように見えます。

そして…


IMGP0137.jpg
橋の上に!!
ちょっと頑張って登ってみました。

前回は茂みで厳しかったけど、この時期はなんとかなるもんです…


IMGP0139.jpg
旭沢橋梁思い出しますねえ…
あの記憶がシンクロします。

形状はほぼ同じようですね。
こちらは赤いですけど。


IMGP0143.jpg
こうやって土に埋もれかけてると、もう遺跡のようだ。


つづく。


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。