Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

こんにちは!

しのさん凄いです!
廃橋とか、行くとなればそれなりに大変な道のりなんでしょうね><
あれとかこれとかそれとか・・・
色々想像してしまいます・・・

でも行く甲斐があるんですね!
風景がすっごくきれいです!

やばいですね~(*´艸`)

*おんざさん*

こんばんは~
いえいえ、こちらの廃橋はアクセスしやすい方だと思いますよ~!
橋のすぐそばまで車で入っていけました。
(ただ、Uターンできるスペースがないので、戻りはひたすらバックでした…)
夏場は藪になってきついかもですけど…

道のりは探検、というほどでもないですが、眺めはよかったですよ!
季節によって景色も楽しめそうですしね♪

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

あの橋から見えた橋―桂橋

この記事の、中ほどにあるあの旧道橋が気になっていてですね。

見たところ、まだ崩れそうに古いわけでもなさそうなので、
アプローチがまだ残っているはずだと
またまたスマホマップさんのお世話になりまして。

文明の利器ってすごいですね(笑)


見つけましたよ~ヾ(o´∀`o)ノ


廃橋探訪記です。


CIMG3540.jpg
もちろん、廃橋なので車は進入できませんが
もともと重量制限があったっぽい?

林道橋みたいな感じだったのでしょうか。


CIMG3542.jpg
やっぱり、幅狭いですね。
車だとすれ違えないと思います。


CIMG3543.jpg

CIMG3544.jpg
三笠側に、さらに古そうな旧橋(?)が見えます。
そもそも、人とか通れる橋なんだろうか?


CIMG3545.jpg
桂沢湖側。
ちょっと、色づいてきたという時期でした。


CIMG3546.jpg
はい、あの大きな橋が見えます。

前回の記事では、あそこからこの橋を眺めていました。

今、その橋の上にいます!感慨深いですね。


CIMG3547.jpg
ええと、ちょっと見づらいですけど
「昭和二十七年八月竣功」と記されているように見えます。

これはなかなかの古さですね。


CIMG3548.jpg
桂橋」とあります。
このあたりの橋は、「桂」の字がよくついています。
桂の木の群生地でもあった(ある)のでしょうか。

木にはあまり詳しくなくてですね…

そういや湖も「桂沢湖」…


CIMG3549.jpg
渡りきってみると、やはりというか
まあ、老朽化してますね。

橋桁よりも橋脚よりも
まず架橋部分がやられるらしい。
上桂橋もそうだったな…崩落してたし


CIMG3550_20130411211633.jpg
戻ります~♪

やっぱり古い橋、廃橋たまらんです!



あの大きな新しい橋から

CIMG3551.jpg

CIMG3553.jpg
廃橋桂橋」を見る。

不思議ですねえ。
渡っているときは、道の延長としか思わないのに
ここから見ると、すごく危なっかしく感じる。

危険な場所を、いかに安全に便利に繋いでいるかというのが実感できます。

今では当たり前の技術だけど、それでもすごいことだと思います。



CIMG3554.jpg
前回も通った、その新しい大きな橋です。

橋の名前は、「新桂橋(しんかつらばし)」でした。←今度こそ見てきた
こちらはやっぱり、移設した新橋だったようですね。


あの最奥の橋も気になるけど
ひとまず、旧橋で満足することに。

いや、満足ですよ!


※旧橋は、自己責任のもと撮影しております


このあとは、いつもどおり大夕張方面通って帰路に…着くはずだったのですが

つづく。


関連記事

コメント

こんにちは!

しのさん凄いです!
廃橋とか、行くとなればそれなりに大変な道のりなんでしょうね><
あれとかこれとかそれとか・・・
色々想像してしまいます・・・

でも行く甲斐があるんですね!
風景がすっごくきれいです!

やばいですね~(*´艸`)

*おんざさん*

こんばんは~
いえいえ、こちらの廃橋はアクセスしやすい方だと思いますよ~!
橋のすぐそばまで車で入っていけました。
(ただ、Uターンできるスペースがないので、戻りはひたすらバックでした…)
夏場は藪になってきついかもですけど…

道のりは探検、というほどでもないですが、眺めはよかったですよ!
季節によって景色も楽しめそうですしね♪

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。