Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

幾春別炭鉱錦立坑

昨年10月、奔別アートプロジェクトを観たついでに、
思い立って、こちらに寄りました。

前々から行きたいとは思っていたのですが、
行こう!と思ったときにはまだ雪が積もってたりで
タイミングが合わなくて、ようやくのご対面です。


CIMG3486.jpg
三笠市博物館の建物脇から伸びる、サイクリングロードを歩いていきます。

橋を渡った先を左に折れる。


CIMG3487.jpg
橋好きなもので…見ちゃいます。

CIMG3488.jpg
幾春別川に架かる橋です。

CIMG3489.jpg
10月とはいえど、まだ青々としている小路。
町からはそんなに離れていない場所だけど、クマ大丈夫かな…

スマホのラジオ大音量にしてみる。


CIMG3490.jpg
元々の森林鉄道跡をサイクリングロードにしているようです。

他にも、当時の石炭層などの看板が立っていて、
この辺りが炭鉱だったということが伺えます。


CIMG3492.jpg
5分ほど歩くと、右手に上に登っていく階段が。
ここですね!

棒状の看板は倒れちゃってますが、アプローチはそこそこ整備されている。


CIMG3518.jpg
道内最古の立坑だとか。
廃坑になったのもかなり昔。

途中、川沿いに硫黄臭のする場所があったけど、そこに坑口があったのか!
冷泉湧いているとな。


CIMG3493.jpg
来ましたー!!

やっと生でみれたーーーヽ(=´Д`=)ノ



CIMG3495.jpg

CIMG3496.jpg
よく、残ってますね!
巻き上げ機?をここまで間近で見られるのも感動ものです。
(他にもあるかも知れませんが)


CIMG3515.jpg
北炭の星型マーク。
夕張の滝の上発電所にもありましたねー


CIMG3495.jpg
装飾みたいだ。

紅葉の時期もまた綺麗だろうなー。


CIMG3516.jpg
ここから、掘り出していたのですね。
今は、不思議なオブジェになって佇んでいます。

直線と円形のコラボもまた面白いな。綺麗だな。


隣の捲き場も見ましょう~ヾ(。・ω・。)


つづく。



関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。