Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

お疲れさまでした

先日の筋肉痛は大丈夫でしたか?
僕も今年は冬眠が長く体が鈍ったのか
帰路では秘かにヒザが痛みました・・・内緒
早速リンクもさせて頂きました。
これからもよろしくお願いしまうす。

*ナベさん*

ナベさんも、お疲れさまでした~!
特に行きは…色々ありがとうございました。
筋肉痛は、帰宅後すぐに来たので今回は意外と引きが早かったです、が関節に少し来てます(笑
ナベさんほどの方でも、結構大変でしたか…

リンク、ありがとうございます!
やっと、ナベさんのブログにたどり着けましたよ~
こちらこそ、ぜひぜひリンクさせていただきます。
今後とも、よろしくお願いします!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

天人峡温泉 天人閣

今回は、以前からちょっと気になっていた
天人峡に宿をとりました。

前回の動物園のときは、層雲峡に泊まったけど
距離的には、こちらの方が近いんですよね。


天人峡は、2010年8月に豪雨による災害で道道が寸断され
宿泊客やホテル従業員が取り残され、2日後にヘリ救助されたということもありました。
この災害で、2名の方が亡くなっています。

天人峡へのアクセスは、道道213号線1本しかないので
途中通行不能になれば、簡単に陸の孤島になってしまうのですね。

そんな柱状節理が立ち並ぶ、谷底のような一本道をずっと進みます。


かなりの豪雪地帯で、このときもぱらぱらと降ってきていたので
さすがに2年半は経っているためか、災害の名残は目にしませんでした。


IMG_0935.jpg
途中、こんなきのこ電柱とか


CIMG3867.jpg
絶壁にこんな青い氷とか
(実物はもっと綺麗!)

厳しい環境の、美しい景色も見れました。


忠別川がほぼ町境になっているので、東神楽と美瑛のすれすれを縫うように進み、
温泉街に入って橋を渡って突き当たりは東川町。
今回お世話になる「天人閣」さんです。


IMG_0936.jpg
最上階の部屋を案内され、
丁度渡ってきた橋の真上、温泉街を一望できます。

が、ここの温泉街の宿泊施設は、これが全て。
この天人閣も入れて全部で4軒ですが
そのうちのひとつ、
一番手前に見える「天人峡グランドホテル」は、2011年12月に営業停止してしまった模様。
それ以前にも、何度か経営者が変わり、倒産を繰り返していたらしい。

屋根の雪が、半端ないですね…
物理的にも、潰れそう(;´Д`)


天人閣も、2009年末に倒産して経営者が変わっているらしい。

バブル時代は賑わったのでしょうが、
今の時代、この限界の地に大きなハードの施設は
経営が難しいと思います。

縮小するにも費用がかかるので、維持だけでもかなりの難題だと思われます。


CIMG3870.jpg
散らかっていて失礼w

お部屋は、和室を選びましたが
予想に反して、かなり綺麗でした。
一部若干壁紙の剥がれや、窓際の結露の染み以外は
さほど気にならない感じです。

ユニットバスと洗面室はリフォームされていて清潔感がありました。


今回は、近くにコンビニすらない場所での宿泊なので
(素泊まりの方は、旭川か東川の町中あたりで済ませるか調達しておいた方がいい)
夕食・朝食付きプランで。

IMG_0939.jpg
レストランでの夕食でしたが
これも予想に反して、品数多くて驚きました!

山菜おこわと鍋もの、お刺身などなど。
あとから揚げたての天ぷらも出てきて、自分的には至れり尽くせり。
茶碗蒸しが、上に透明のあんがかかっていて、白かった。
これあっさり風味で美味しかったです。


IMG_0940.jpg
ビールつきプランだったので、ばっちりいただきました☆
希望すれば、ソフトドリンクに変えることもできるようです。

(わたしが、飲めなさそうに見えたのかな?大丈夫、飲めるおヾ(。・ω・。))


IMG_0942.jpg
一品はさほどの量ではないけど、色々出てくるとそれなりのボリュームになるわけで
(わたしも只今カロリー制限中のためか、小食体質なので)
全部は手をつけられず…

名残惜しいので、見た目がかわいいこちらを記念に撮ってみる。
お肉は、角煮のようでした。



このあと、温泉に入りましたが
他に宿泊客がそこそこいたので、写真は撮らず。

女湯は、夜は「岩風呂」で。
内湯の壁が、そのまま岩肌むき出しになっていて
なかなか雰囲気のある(夜だとちょっと不気味か?)浴場でした。

洗い場のシャワーが、しばらく冷たくてあーうー(;´Д⊂)
まずお湯に浸かって温まるしか…!

手前の浴槽の方が38℃くらい?ぬるめの湯で
奥の円形の浴槽が、43℃くらいのちょっと熱めの湯。

なのに、看板には、湯温逆に表示されていて突っ込み入れたくなる(笑


水車のある露天風呂に行けるのですが、
積雪がすごくて、入れない、らしかったです…
(看板があったのですが、見落として、入っちゃったことは、内緒で。
なんかやたら雪積もってるし、底が藻でぬるぬるしてるし、何より巨大なつららが危ないな…
と感じたところで、気づいた。((;゚Д゚)ガクガクブルブルしながら慌てて出てきた)


そんなこんなで、我ながら危なっかしいことやってますが

IMG_0943.jpg
館内が、昭和な雰囲気なのが、なかなかツボだったり。
浴場までの連絡通路のような感じで、ちょっと寒いのですが、それもまたミソ。


IMG_0945.jpg
昭和のフォント。
タイムスリップ気分。
階段の濃い臙脂色も、時代を感じます。


IMG_0946.jpg
部屋の窓から夜景。

街灯が、必要最低限。


お湯が、ぬるい方に長く浸かっていたので
湯冷めしそうだなーと思ったのですが、割と柔らかい感じのぽかぽか感が続いて
寝ている間にかなり首周り汗ばんでた…自分的には不思議な温まり方をするお湯だなーと。


CIMG3871.jpg
翌朝。


CIMG3872.jpg
本当に、周りから隔絶されている感が強い場所だ…
よくこの場所に温泉地を切り開いたな、と。


CIMG3873.jpg
真下の忠別川。
この川のすぐ向こう岸が、美瑛になるらしい。

川が境界線。


起きてすぐ、朝風呂に。
朝は「見返り岩」の浴場で。

こちらも、手前の半円形の浴槽はぬるめ、
奥の和風風呂が熱めだった。
五右衛門風呂が水風呂だったのと(サウナはないはず…)、
使われていない、空の浴槽がひとつあってちょっと寂しい感じで。

そしてここもまた露天が、湯温が上がらないために入れなかった…
ついてないなー(つд⊂)エーン

露天を楽しみたいなら、冬に来るのは、ある意味賭けかもしれない。



朝食は、バイキングで。

IMG_0956.jpg
あんまり綺麗な取り方じゃないけど、適当にチョイス。
オレンジジュースは、鉄板です!

パンは少し時間経ってたためか、ちょっと固かったかな。
オーブンレンジが傍らにあったので、それで温めなおせるようだったけど、
もう席についちゃったし、あきらめたw

順路の最初に、パンかご飯かを選べたらそのあとのおかずのチョイスがしやすいので
これは再考願いたい、かな?
(最後の方にご飯・パンコーナーだったので、おかずを選びづらかった。
パンが良かったのだが、ご飯オンリーかと思って
なぜか白菜のおひたし取っちゃったし・笑)


CIMG3875.jpg
チェックアウト!
外の歩道専用の橋は、雪まみれで渡れませんでした。


ところどころ、突っ込みどころはあったものの
スタッフさんの対応は、とても良かったので、
総じて気分は良かったです。
1泊2食7800円台。
(プランによって変わります)

建物が古い分、食事や接客でとても努力をされている印象でした。


CIMG3877.jpg

そして、ここから徒歩で行ける範囲に「羽衣の滝」「敷島の滝」があるのですが、
そこも積雪で近づけなくなっていました。

残念が重なってしまいましたが…
また暖かい時期に、来てみようと思います。


CIMG3878.jpg
ホテル全景は、川の対岸から。

古いながらも、味わいのあるところでした。
紅葉時期なんかも、美しそうですね!


今回は、これで帰路に。
めずらしく?表観光してみました!


関連記事

コメント

お疲れさまでした

先日の筋肉痛は大丈夫でしたか?
僕も今年は冬眠が長く体が鈍ったのか
帰路では秘かにヒザが痛みました・・・内緒
早速リンクもさせて頂きました。
これからもよろしくお願いしまうす。

*ナベさん*

ナベさんも、お疲れさまでした~!
特に行きは…色々ありがとうございました。
筋肉痛は、帰宅後すぐに来たので今回は意外と引きが早かったです、が関節に少し来てます(笑
ナベさんほどの方でも、結構大変でしたか…

リンク、ありがとうございます!
やっと、ナベさんのブログにたどり着けましたよ~
こちらこそ、ぜひぜひリンクさせていただきます。
今後とも、よろしくお願いします!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。