Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

ズリ山登頂おめでとうございます!w
自分は地元ということで今年は3回?4回?登りました(;^_^A
新陳代謝がよすぎるもので下山すると汗びっしょりです。
TANtanまつりでお会いしたかったです。

芦別方面のは例の大観音で間違いないですね。正面の高い山はエルムケップ山という山で来た空知のシンボル的山です。
小・中学校の校歌の中に出て来ました。
  • 2013-02-21 15:26
  • DOSA
  • URL
  • 編集

*DOSAさん*

ありがとうございますww
とてもいい運動になりますよね!
すごい、かなりの頻度で登られてますね。もしかして、雪中も…?

昨年(この記事)はライトアップ直前に滑り込んだので、
あまり長居はしてなくて…
ぜひ、今年(ありますよね…?)はお会いしてご挨拶させていただきたいです!

エルムケップ山というのですか!山々が連なるいい景色ですね。
ズリ山からでも見える大観音、あらためて、本当に大きいんだと実感です(笑

どうもはじめまして、ズリ山階段って赤平にあったんですね。昔、20代の頃ここを登った事があったんですが何処にあったのか思い出せないでいました。やっと謎がとけました。ありがとうございます。
今年、ちょっと行ってみようかと思います。今登ったら途中で死ぬかもしれませんが・・・・・
  • 2013-02-21 22:07
  • 国宝ブルース
  • URL
  • 編集

*国宝ブルースさん*

はじめまして、コメントありがとうございます!
こちらを登られたことがあるんですね。
ズリ山そのものは色んな町にありますが、
登れるように綺麗に整備されたものは、赤平くらいですかね…?
夕張の清水沢も、今整備されている最中みたいですが。

思い出すきっかけになれて嬉しいです。

ぜひ、また登りに行ってみてください!
眺めも、昔と変わっているところがあるかもしれませんね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

赤平ズリ山リベンジ!

今回の大きな目的は、赤平のズリ山に登ること。
前回来たときは、色々寄りすぎて、こちらに寄ったときはすでに18時回っていたので
断念したのでした。


CIMG3379.jpg
来ましたよー。

登山、というほどのものではないとわかっているけど、
階段777段なんて、私にとってはそれに等しい…

まあ、良い運動にもなりましょうぞ…
覚悟しつつ(笑)行ってきます!


CIMG3381.jpg
赤間炭鉱の選炭場にもごあいさつ。


CIMG3382.jpg
綺麗に整備された階段です。
段毎にお名前が記されているのは、整備するのに寄付など協力された方のものでしょうか。

さあ、登るぞ…!


CIMG3384.jpg
10月だったけど、まだ緑が綺麗。

蒸し暑くもなく、少し涼しいくらいの丁度いい気温。

CIMG3385.jpg
途中数ヶ所、こんな休憩スペースが。

はい、ここで200段ちょっとですが、もうダレたので休憩しますよ(笑

ちょこちょこ休みつつ、登っていくと徐々にこんな眺望が


CIMG3390.jpg
陽も暮れかけて、いい感じです!


CIMG3392.jpg
周りの木も低くなって、視界が開けてきました。

サイドのパイプのようなものは、なんだろう??


CIMG3396.jpg
あと70段くらい?
ラストスパートです…!


CIMG3401.jpg

CIMG3402.jpg
着いたー!

ここまで約30分かかってる…(;´Д`)
まあ、けっこう休んだからねw


他にも、何組か、子供連れやカップルなど。
TANtanまつりの影響か、思っていたよりたくさんいました。


ここから、赤平の町を見る。

CIMG3399.jpg
芦別方面。空知川が見える。

カラフル屋根の、炭住っぽい建物がちらほら。

遥か向こうに、小さな白い線みたいのがあるのは、芦別大観音でしょうか…?


CIMG3400.jpg
旭川方面。

紅葉になる前の山々と
赤平駅前の直線道路が特徴的。


CIMG3404.jpg
ぼーっと、眺めていたいなあ。

町を見下ろすって、面白い。
(もちろん、悪い意味ではないです)


大満足して、降りることにします。

下りは、5分短縮した程度。
意外と、膝にきます…


普通の登山でも、登りよりも下山の方が足腰に負担が。
登りは心臓の方にきますね…(((;-д- )=3ハァハァ


CIMG3408.jpg

戻ってきました~。
往復約1時間でした。


このズリ山は、北炭赤間炭鉱のものでした。

これから向かうTANtanまつりの立坑は、住友赤平炭鉱のものです。
距離はそれほど離れていないのですが、別モノなのでした。


つづく。


関連記事

コメント

ズリ山登頂おめでとうございます!w
自分は地元ということで今年は3回?4回?登りました(;^_^A
新陳代謝がよすぎるもので下山すると汗びっしょりです。
TANtanまつりでお会いしたかったです。

芦別方面のは例の大観音で間違いないですね。正面の高い山はエルムケップ山という山で来た空知のシンボル的山です。
小・中学校の校歌の中に出て来ました。
  • 2013-02-21 15:26
  • DOSA
  • URL
  • 編集

*DOSAさん*

ありがとうございますww
とてもいい運動になりますよね!
すごい、かなりの頻度で登られてますね。もしかして、雪中も…?

昨年(この記事)はライトアップ直前に滑り込んだので、
あまり長居はしてなくて…
ぜひ、今年(ありますよね…?)はお会いしてご挨拶させていただきたいです!

エルムケップ山というのですか!山々が連なるいい景色ですね。
ズリ山からでも見える大観音、あらためて、本当に大きいんだと実感です(笑

どうもはじめまして、ズリ山階段って赤平にあったんですね。昔、20代の頃ここを登った事があったんですが何処にあったのか思い出せないでいました。やっと謎がとけました。ありがとうございます。
今年、ちょっと行ってみようかと思います。今登ったら途中で死ぬかもしれませんが・・・・・
  • 2013-02-21 22:07
  • 国宝ブルース
  • URL
  • 編集

*国宝ブルースさん*

はじめまして、コメントありがとうございます!
こちらを登られたことがあるんですね。
ズリ山そのものは色んな町にありますが、
登れるように綺麗に整備されたものは、赤平くらいですかね…?
夕張の清水沢も、今整備されている最中みたいですが。

思い出すきっかけになれて嬉しいです。

ぜひ、また登りに行ってみてください!
眺めも、昔と変わっているところがあるかもしれませんね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。