Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

旧深名線 第三雨竜川橋梁

沼田町経由で幌加内まで、長い道のりが続きまして…

R275、幌加内の道の駅まで2kmの看板が見えてきた辺りの右手に
大変魅力的なトラス橋がちらっと見えたので、後続車がいないのを確認して減速。

橋好きの血が騒ぎます(笑)

脇に林道のような道があり、そばまで寄れる場所があるようなので、
そちらに入っていってみます。

ゆるたん。

車が乗り込めるくらいの、ダートのちょっとしたスペースに、
この橋の歴史など紹介看板がいくつか建っています。

今はすでに廃線となった鉄道の橋ですが、当時はこの橋が出来たおかげで、
札幌や果ては東京までの道のりが拓けた、というようなことも記されています。

ゆるたん。

さすがに、道路橋ではなく危険なので渡ることはできないのですが

ゆるたん。

土木学会選奨の土木遺産に認定されている物件だそうです!

ゆるたん。

意外と、綺麗に見えます。
何度か補修されたのでしょうか。

渡れないけど、間近で見られるだけでも嬉しいですね。

夕張の旭沢橋梁 を思い出します。

ゆるたん。

深川と名寄を結んだ、旧深名(しんめい)線の橋梁でした。
第三、ということは、近辺に第一、第二もあったようですが、残されたのはこの第三のみのようです。

昭和6年竣工って、かなり古い歴史のあるものなんですね!
当時としては、かなりの難関工事だったようです。


ゆるたん。

架橋に携わった、技師の方の碑もありました。
竣工を目前に控えた最後の作業中に、転落して殉職されたそうです。
それだけ厳しい環境での工事だったということなのでしょう。

弱冠20代で、というのも、一層悲しみを誘います…
若いのに、すごい技術を勉強されてきた、ということですよね。

ゆるたん。

あらためて、横から見てみたくて、来た道を少し戻ってパチリ。
(車内からガラス越しなので、少し反射してしまった…)
色も周りに馴染んでいて、目に優しい感じもします。

こちらも、地元の有志の方によって保存されているものだそうです。

とても暑い日でダレそうでしたが(笑)
思わぬ場所で、いいものに出会えてちょっと嬉しくなってきました!


幌加内の道の駅へ向かいます。


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。