Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

1. 無題

懐かしい~!
結構疲れたけど楽しかったよね(・∀・)
滝はロマンだ(笑)
  • 2009-04-09 22:20
  • あ~る
  • URL
  • 編集

2. Re:無題

>あ~るちゃん
懐かしいでしょー。
いやー楽しかった♪今どうなっているのかねー?
滝めぐりまたしませう(笑)今年こそ社台滝リベンジだ!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

インクラの滝(2006年5月)

過去シリーズ。

先日の、緑ヶ丘展望台樽前ガロー→怖い看板の後にもう1ヶ所、インクラの滝の入口まで行ったのです。

(どんだけ暇だったのか…)


インクラの滝は、国道36号沿いに「滝入口(駐車場)まで10km」の看板があって、白老まで通勤していた頃は毎日ここの前を通っていたので、かなり気になっていたのです。


日本の滝100選にも選ばれていて、名前もそれなりに有名なんだけど、実際に見たことはなかったので、いつかは行ってみたいと思っていた場所。

しかし、ネットなどでの情報では、数年前の台風の影響で、滝近辺の崩落が激しく立入禁止になっているという情報を得ていたので、もう行けないだろうな…と思いながら、滝入口まで車を走らせたら…


ゆるたん。
滝入口の展望台。ここからでもうっすらと滝の姿は見えるのですが…


展望台のすぐ後ろに柵の切れ目があり、そこが入口になるのですが、なんと、

立入禁止のロープが外されていて、人が入って行くのを目撃!


おおーっ入って行く人いるのね!

あれはどう見ても一般人。

駐車場にも何台か車が停まっていたので、入っていっている人が何人かいる!


しかし、時間的にも日が暮れかけていて(17時ごろ)、デジカメのバッテリーも切れかけていたので後日、絶対来る!とわくわくしながらその日は帰宅。


ゆるたん。
あ、ここは苫小牧じゃないです。お隣白老町になります。

インクラの名前の由来はインクライン。


社台滝も載ってますねえ。

「あまり一般の人は近くまで行くことはできません」

ここに近くまで行った人がいます(笑)滝上の方だけど…


いつか滝下から、左の写真のような姿を見てみたい…(´・ω・`)




そして、翌日、友人2人を(強引に)連れて再び参上(笑)夜露死苦!

いやいや、ついてきてもらいました。

1人で行くには険しそうだったので…


ゆるたん。




30分…これを信じ込むと泣くかもです…

崩落する前は実際これくらいで着いたのでしょうが…







この日はお昼頃から行ったのですが、割と地元では馴染みのある場所なのか、他にもぽつぽつと夫婦や子供(小学生くらい)がいる家族連れなど、思ったより人が多かった印象。


入っていってもあとから来た人が追い抜いていったり、割と賑やかでクマ注意の場所だけどあまりそんな不安感はありませんでした。
ゆるたん。
これは入ってすぐ近くの川。別々川といいます。

この川が滝に繋がっています。

インクラの滝は別名「別々の滝」ともいいます。元々はそっちで呼ばれていたんだと思います。


ゆるたん。
川沿いにしばらく歩いていくと、砂防ダムに。

ここで一旦道は途切れますが、ダムの端っこまで行けば簡単に越えられます。


ゆるたん。
さらに進んでいきます。

道はこんな感じ。たまに分かれ道になるけど川に近い方に行けばOK。

逆に行ってもどこかでちゃんと繋がるみたいです。

この時点ではまだまだ楽。


ゆるたん。
この日は晴れて暖かかったので日差しも明るく。


ゆるたん。



途中にあったなんだかわからない廃物。

リアカー?いつからここにあるのか…

相当年月経ってます。








ゆるたん。
これは…崩落してるのか…地層が。

下の方さらさらしてそう…高さけっこうあります。


ゆるたん。


道が…道というより背丈より低い場所に木の枝とかが障害物のように邪魔してくる(;´Д`)

これ編んであるみたいに絡まってる( ゚Д゚)ヒョエー

これはもう目と同じ高さ。

くぐったり乗り越えたりが多くなってきた…







ゆるたん。
地下水が染み出ている…こんな場所なかなか見れないかも。

水はそんなに冷たくなかったです。


ゆるたん。
ほらもう険しい。

この川部分を、またいだり踏み場を探して進むといった感じになってきました。


ゆるたん。
周りはもうこんなじゃー( ゚д゚)ハッ!

すごい断崖。ここも崩落したのかな…断面が切り落としたように角ばってる。

なんだか人の顔にも見える。


ゆるたん。
でかい岩!

その下をくぐるように小川がちょろちょろと。

こんな岩を登ったり、くぐったり。


もう、アスレチックか障害物レースか…

崩落前は、もっとスムーズに行けたみたいだけど、今はこんなだよー!

もう汗だくで、体力切れの予感…


他の家族連れの子供たちは、こんな道(?)でもすいすい登っていく…

あああの疲れ知らずがうらやましい…(;´Д`)


ゆるたん。
こんな小さい滝が随所に見えてきて…


やっと…


やっと…


ゆるたん。

見えたー!


しかもかなりでかーい!

奥の方にぽちっと赤いのが見えますが、これは先を行っていた人の一部分です。

これで、どれだけでかいか分かるでしょう。


滝上の左側、もともとはもっと迫り出していたみたいなのですが、これも崩落でなくなってしまったらしい…

ゆるたん。

滝下近くまで行きたかったのですが、さらに険しくなっていたので断念…

なのでズームで勘弁。

水量はそこまで多くないですが、落差は40mくらいあるそうです。

手前の岩は…崩落のものでしょうか…

ゆるたん。

今いるところから。

この岩は…やはり崩落でこうなったような感じがします。

この状態でまだ先に進むのは…体力的にもきついので諦めました。


でも実物の滝の姿が見られたので満足!

疲れたけど…それだけの甲斐はありました。


駐車場まで戻ったときにはもう1時間半以上経ってました…

片道45分!?やっぱり道が険しくなっていたせいか時間かかったわ…



後で調べてみたら、ここは立入禁止解除になったわけじゃないらしいです。

皆さんあくまでも自己責任で入っているみたいで…


なので、おおっぴらにおすすめできる場所ではありません。

それでも行きたいという方は、クマ避け対策と怪我には注意して、自己責任で。

あと、夏場はもっと草木が茂っていると思うので、虫除け対策も必要かと。


悪天候の後や地震など、崩落が進む可能性もかなり濃いと思います。

まあ、崩落する前でも、クマなどの危険は元からあるわけなので、どちらにしても自己責任ですけども。


一度、崩落という理由で立入禁止になったら、なにか人の手によってメンテが行われないかぎり、ほぼ永久的に立入禁止なのだと思います…

だからといって、人の手が加わったら、滝に対する魅力は半減してしまう…難しいところです。

この風景を残すことが出来るのなら、それもやむなしとは思いますが。


ただ、ここはかなり奥地になるので…どちらにせよ人の手が入る可能性は薄いでしょうが。


どんな名所でも、不変なものにするにはとても難しいんだなあと、考えさせられる探検でもありました。


人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

1. 無題

懐かしい~!
結構疲れたけど楽しかったよね(・∀・)
滝はロマンだ(笑)
  • 2009-04-09 22:20
  • あ~る
  • URL
  • 編集

2. Re:無題

>あ~るちゃん
懐かしいでしょー。
いやー楽しかった♪今どうなっているのかねー?
滝めぐりまたしませう(笑)今年こそ社台滝リベンジだ!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。