Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

樽前山ふたたび・前編

湧水 のあと、雨も止んで山の方向が明るくなってきたので、昼近くなっていたけど
思い切って行ってみることに。

この日を逃すと、以降はもう秋に向かって寒くなっていく予感がしたので。
とはいえ、雨上がりのとても蒸し暑い日でした…


ゆるたん。

前回登ったのが2009年、あのときは同行者と一緒にボロボロ状態だったけど(笑)
前回記事     
行って戻ってくるのに5時間かかったという嘘のようなほんとの話。
並みの体力の人なら登りで40分程度。

でも今回は、地味に毎日ウォーキングとか食事カロリーも考え始めたので
体力そこそこついただろうか…運動とお試しも兼ねて、今回は1人で来てみた。

7合目についたら、また小雨が…
うっすらと霧かかってて、上の方は真っ白。
これ登って大丈夫なんだろか?

駐車場はさすがに車はまばらだったけど、それでも登って行ってる人もいるようだし、
一か八か行ってみます。

ゆるたん。

見晴台からみた支笏湖。
思いっきり、曇ってます(;´Д`)

ゆるたん。

見晴台奥の看板。
ここからきつい、階段登りが始まります。

ゆるたん。

休み休み、登っていきます。
段差が揃ってない場所もたくさん。

地面の土砂が崩れていて、丸太が浮いている場所もあったり。
膝くらいある段差とかナニコレ状態ヽ(;´ρ`)ノ

霧が濃くなってきた…

ゆるたん。

イワギキョウという花の、つぼみでした。
青い色が印象的。

ゆるたん。

斜面でよく見かけました。

ゆるたん。

階段をずっと登って、振り返る。
下には、ふもとの樹海が霧(雲)に隠れてうっすら見渡せる。

硫黄山とか温泉地を髣髴とさせる…湯気のようだ。

ゆるたん。

階段ポイントを抜けると、一層霧が深くなる。
一本道なので迷うことはないけど、ちょっと不安になってくる…

ゆるたん。

前回目印にしたり、休憩ポイントとした
大岩まできました!
(ストックは私のものです。大きさ比較)

ちゃんと変らずありましたね。
ここまでくれば、外輪山(西山・東山分岐)まであと少し…!

ゆるたん。

この辺りでよく見る、シラタマノキの実。
ちょこちょこと可愛い。美味しそうだけど多分食べられません(笑)

ゆるたん。

傾斜がゆるくなって大分歩きやすくなってきました。
しかし、視界が…( ;∀;)
写真だとなんとか見えてますが、肉眼ではもっと見づらかった。

ゆるたん。

途中、水が流れたような筋が下の方まで。
わかりづらいですが、土嚢で保護しているようです。
(その土嚢も破れている)

ゆるたん。

分岐まで来ました!
看板が少し綺麗になってる。

ちょこちょこ休んで、ここまで1時間ちょっとで来れました!
断然自分の中ではベストタイムですww

しかし、風が強いしなんだか雨も混じってきた(_Д_)アウアウアー

しかも視界ゼロ…なんじゃないかこれ?
今回は、これで引き返した方がいいかしら…

ちなみに、ここまで来るのに他の登山客とすれ違ったり追いつかれたりは
1人としてなかったという…



ゆるたん。

東山も気になるけど、前回行ってて、道も覚えている奥宮の方に再び行ってみようと。
これなら絶対迷わない!

まったく視界がなくなって、どうしたものかと試しにメガネ外してみたら
裸眼の方が見やすかったなど…
思いっきり、結露してましたw

これほどメガネが邪魔だと思ったことなど、過去にあっただろうか。

こんな状態でも、登りで体が温まっていたせいか、涼しく快適なくらいでした。
下界の蒸し暑さに比べたら、こんな天候でも何倍もマシだと思えるくらい。
しかし前回に引き続き、山頂付近はなかなか晴れてくれませんね(´-ω-`)

つづく




関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

フリーエリア



レンタルCGI

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。