Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

二十間道路・しずない桜まつり2012

道の駅記事の途中ですが…

昨日、最終日でしたので滑り込みで行ってきました。
3年ぶりの訪問です。

満開の時期は過ぎてしまったのですが


ゆるたん。

エントランス広場の桜が満開でした!


ゆるたん。

葉っぱも出てきているけど、まだ綺麗でした。


ゆるたん。
こちらではおなじみの、ピンク色の濃いエゾヤマザクラは、大分散ってしまったようです。

このもこもこ咲いているのは、ソメイヨシノでしょうか。


まつり会場に向かったのですが、駐車スペースがかなり埋まっていて
空きを探すのが大変だったので、一旦行き止まりにあるこちらまで来てみた。


ゆるたん。

前回寄れなかった、まつりの期間に一般開放される
「龍雲閣」を見学しました。



ゆるたん。

明治42年に竣工された、貴賓舎です。
当時の新冠御料牧場に、皇族方など貴賓をお迎えする目的で建てられたもの。
最近では、平成18年に現・天皇皇后両陛下がご来場されているそう。

二十間道路も、御料牧場まで延びる行啓道路として開かれたもので
その後、道路の両脇に桜を移植したものが今日まで至る、ということです。


龍雲閣の内部には、当時使用された食器や馬具などが展示されていました。
二眼レフなどのレトロカメラもあって、これはまじまじと見てしまった。


ゆるたん。
2階廊下から見る景色。
「生馬神社」という、御料牧場の神社です。


ゆるたん。

綺麗に磨かれた、木の廊下が美しい。
柾(まさき)を使用しているそうですが、北海道の厳しい環境では
どんなに良い木を使っていても、劣化は免れないのだとか。


ゆるたん。

ゆるたん。

こちら側には、その御料牧場の事務所として使われていた建物が。

場所的に正面からは撮れなかったのですが、とても良い雰囲気。

大正9年築、昭和45年まで使われていたようですが、その後雨漏りがひどく
一部の屋根を改築しているということです。


ゆるたん。
1階廊下の窓越しに見えた、井戸のようなもの。
造りからして、池だったのかもしれません。


さて、まつり会場の方へ向かいます。


ゆるたん。

やっとのことで車を停めて、会場へ。

しかし、やっぱりというか
見事に葉桜ばかりでした…

先日の強風や冷え込みのせいか、多くの桜が散ってしまったようです。
散った花びらすらも道から消えていた。


ゆるたん。

数少ない花を見ると、ほっとしたり(笑)


ゆるたん。

会場の奥にあった、植木桜。


ゆるたん。

桜のトンネルも、葉桜のトンネルでした(;´∀`)


ゆるたん。
今年はタイミングが難しかったと思います。
満開がちょうど週の中頃、しかもその直後に強風では…

がっかりしていたツアー客もいたようですが
まあこれが自然の姿ということで、たまにはこんな感じでも。

今回は道路よりも、初めに寄ったエントランス広場の方が綺麗でした(゚∀゚)
そして龍雲閣。楽しかったです♪



帰りに大奮発して、富川のドライブインで


ゆるたん。

うにいくら丼をーーー!
こんなにお漬物とか色々ついてくるとは思わなんだ( ゚Д゚)ヒョエー



ゆるたん。
うにオンリー丼は、値段的にちょっと手が出なかったので…
いくらと半分こ!w

醤油とかかけずに、そのままいけました。
美味しかった~!!

それほど空腹ではなかったけど、ぺろっといけました。
ごちそうさまでした^人^




関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。