Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

道の駅スタンプラリーその37 ひがしかわ「道草館」

R237から逸れるのですが
無理なく行けそうな距離だったのでこちらにも行ってみた。

旭川空港より東側、東川町の道の駅です。


ゆるたん。

No.086 ひがしかわ「道草館」(北の道の駅情報サイト)

東川町は、大雪山系旭岳や天人峡温泉などを擁する町なので
大きく分けて山岳や渓谷、田園地帯で構成されていて
その田園地帯の中にある、町の中心部に道の駅があります。

国道ではなく道道沿いなので、アクセスしづらいとは思うのですが、
山や温泉目当ての方が多く来る場所なのかもしれません。


来るまでは、こんな場所なので、小ぢんまりしているのかと思いきや、
建物が意外と立派で綺麗。洋風のお洒落な外観。
客の入りも、私が行ったときはそこそこ賑わっていました。

また、施設の隣には有名ブランドのアウトドアショップがオープンに向けて準備中だったので
やはり登山客も立ち寄る場所なのでしょう。


ただ、ここも駐車場は広くはないので、休憩にはどうかな?といった感じではありますが。

内部の販売コーナーには、手作り品も充実していて
工芸品やクラフトなどの展示も兼ねていて、カントリーっぽい雰囲気も。

特に、女性には見ごたえがあって、受けが良いのではないでしょうか。
かくいう私も、短時間でしたが見入った上、小物ですがお買い上げさせてもらったので。
(手作りの布製カード入れ。カエル柄が可愛かったというのもあるけど(笑))


ここもアートというか、工芸を手がける方が多いのかな?という印象。

東川町は、高校の「写真甲子園」や「国際写真フェスティバル」なども主催していて
「写真の町」宣言をしているくらいなので、文化的な取り組みにも熱心なのでしょう。

そういうところから影響されて、アートに造詣の深い人が集まるということもありえますし。


駅名の通り、道草・寄り道するにはなかなかいい場所だと個人的に思います。



関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。