Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

大夕張国道452・その後

国道452を夕張方面へ…


ゆるたん。

桂沢大橋を渡って少し行くと、右側に
昔の鉄道駅跡のようなものを見つけたのだけど
こんな場所に鉄道って、通ってましたっけ…?

場所的に桂沢湖の東側。
大夕張鉄道などもここまでは通ってなかったと思うのですが。


ゆるたん。

その辺りから左手に、上桂橋が見えました。
横から、遠くから見ると、やっぱり、
あっ、なんだろうあれ!ってわくわくさせられる。

すでに行っているのに(笑)



ゆるたん。

しばらく走ると、開けた場所にシカを発見。

一時のにらみ合い(?)の末、ようやく踵を返して逃げていった。
驚かせたかな?体も小さめだったのでまだ若かったのかな?


夕張に入ります。

改めて簡単に説明しますと
現在、大夕張ダムを嵩上げするため、新しくシューパロダムが建設されています。
そのため、2013年のダム完成の際、大夕張ダムをはじめ
この一帯、大夕張の鹿島地区が湖底に沈むこととなります。

鹿島地区を通っていた国道452号線も、沈むことになるので
高所に新しい道路を造り、昨年12月に切り替えられました。

元の452号を通ったときの記事はこちら   など


切り替えられてからもすでに多くの方が訪れているのですが
やはり私も他所者ながらも気になっていたので、通ってみることに。



ゆるたん。

あの道路脇の滝、健在。



ゆるたん。

旧道との切り替えポイントを若干過ぎたようだと気がついたのは


ゆるたん。

橋の上から見た、この風景。


ゆるたん。

道路の断面のようなものを見つけた。


ゆるたん。

逆側、進行方向。
間違いなく、旧道。

今までは、あの場所を通っていた。
雪に埋もれている上、橋部分もすでに撤去してしまったとは。



ゆるたん。

碑などもあった、鹿島小の辺りでしょうか。


ゆるたん。
川を渡るいくつもの橋には、かつての町名を橋の名前としてつけられている。


ゆるたん。

山側の落石止めに積もる雪。
谷の深い地形なのだなと再認識。

ここから湖側を望むと



ゆるたん。

ああ、旭沢橋梁がここから見えるのですね…

やっぱり印象的な形の鉄橋です。

全景を見渡すには良い場所ですが
つい半年ほど前、あの橋の際まで行ったことを思うと
もう行けないんだ、という無念が募ります…

しかも、この橋も沈む運命にあります。


ゆるたん。

更に行くと、白金橋が見えました。

ここから見ると、ひどく寂しげに見えます…


ゆるたん。

ゆるたん。

新国道の橋にも、この白金橋の名がついた場所があります。


ゆるたん。
そして遥か向こうに、三弦橋が見えました。






以前の展望場所にはアクセスできませんので、この新国道からしか見渡せません。

但しこれはズームしてみたもの。



ゆるたん。
実際は、このような感じにとても遠巻きにしか見えません。

しばらく行くと、トンネルに入ってしまい、こちらの1枚目の写真の場所に出てしまうので
車ですらも近づけません。

本当に遠い存在になってしまった…

こちらも、先ほどの旭沢橋もとてもめずらしい橋なのに
すべて沈んでしまいます。

色々な思いが混じって、来るたびに辛くなってくるのはわかっているのに
来てしまう。


ここに住んでいたわけでもないのに、何か出来るわけでもないのに
興味本位で来てしまうのはどうなんだろうと毎度考えている、でも

もはや無視することさえも出来なくなっている。


せめて、目には焼き付けておきたい。

と思いつつ、今回は帰路につきました。




関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。