Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

心残り、明石地区

かつての鹿島中学校(すでに更地のようですが)に繋がる
「鹿島橋」にも行きたかったのですが、向かう道が雪深く、車が埋もれそうだったので
断念。

それでもなるべく、過去の面影に少しでも触れたいと
ゆっくりゆっくり車を走らせてみました。

すれ違う車も、後続の車もほとんどない状態です。


今更といった感じで、発見したもの。

ゆるたん。明石町駅跡。


ゆるたん。雪深く入っていけない…

見えるのは、かつてのホームに続く地下通路。
内部は物置き場のようになっていて、通り抜けられないそうですが。

すでに駅舎やホームは撤去されているようです。

地元の高校生や、夕張岳の登山客が多く利用していたという。


ゆるたん。
明石町駅跡から見る、新・白金橋になる橋脚。


もう少し先へ行くと


ゆるたん。
明石沢橋梁と思しき鉄道橋を発見。

これは夏場は見つけるのが困難かも…


ゆるたん。
こんなに雪がなければ、歩いて渡ることができたんでしょうか…

向こうは川がちょっとした滝(堰堤?)になっていて、水の音が聞こえてきます。

橋の上から眺めてみたかった。


ここもかなり古い橋だと思うのですが、雪のせいか綺麗で新しそうに見えます。
柵の赤が綺麗なせいかも。


ゆるたん。
もう辺りに民家はないのに、今でも立つ電話柱。


ゆるたん。
遥か上を通ることになる新国道。
今はもう開通していますね。

ここの道は、もう一般車両は通れなくなっています。


右の舞台みたいなものは、何になるのでしょうか。


ゆるたん。
また会いましたね、吉野沢隧道。


ゆるたん。
でもこれでさよならですね。。

あなたを知るのが遅すぎた。


ゆるたん。
雪化粧のシューパロ湖。


本当に、この地のことを知るのが遅すぎた、なにもかも。

でも、ここに住んだことのない自分が、これで最後、と意識しなければ、
こんなに色々なものが失われたこの地に
関心を示したりしただろうか。

人間の感情って、本当に勝手だ…


だから、今現役でそこにあるものも、ごく普通の町や場所、モノにも
ちゃんと目を向けるべきなんだ。。

ここだけじゃない。どこも明日はどうなるかわからないから。


つづく。


人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。