Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

懐かしいし寂しい

ありがとうございます。
久しぶりにおじいちゃん家に続く白金橋を見ることができました。

やはり寂しさもありますけれど。
  • 2017-05-31 00:21
  • ぎん
  • URL
  • 編集

*ぎんさん*

コメントありがとうございます。
最後に訪れてから6年経ちますが、
白金橋の先におじいさまのお家があったのですね。
私もこの辺りを通ることもなくなってしまいましたが、ぎんさんのコメントのおかげで私も懐かしく思い出しています。
そして、自分が撮ったものですが見返すとやっぱり寂しいですね。
三弦橋が有名でしたが、私はこの白金橋も好きでしたね。

返信ありがとうです

返信ありがとうございます。

今は私は道外にいますが、何とか見に行こうと思っています。夏にダムの水位が低いと(白金と間違ってしまいました)白銀橋が見えるかもと聞いたもので。

おじいちゃんは最初のダムで沈む場所に住んでいて、移動した家もまた沈んでしまったんですよねぇ
子供の頃いつもココ(水の底でも具体的に場所を示して)に家があったんだよと母の言葉を聞いてから白銀橋を渡っていました。
そこもどの辺りか分かるかな?

すみません。どんどん懐かしさが溢れてきました。
ありがとうございました。それでは。
  • 2017-06-02 02:29
  • ぎん
  • URL
  • 編集

*ぎんさん*

ダムも2度嵩上げされているのですものね。
切ないですがご家族とのお話、胸に迫るものがあります。
お話ありがとうございました。
他の方のブログでは上の部分が見えるお写真もありますね!
タイミング計るのが難しいかもしれませんがぜひ、水位の低い時期を目掛けて行かれてみてください。
意外と見られることもあるかもしれませんね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

夕張鹿島・白金橋―哀しい変貌

こちらも、やっぱり最後に見ておきたかった。

ゆるたん。
この様子に、愕然とせざるをえない。

昨年初めて来てみたときは、すでに家々はないにせよもっと木々がこんもりしていたはず。


国道から、この伐採された様子は見れては、いた。
なんだか痛々しくて側に近寄れなかった…でも、これが最後なら、見ておかなくては。


ゆるたん。
一般車両はもう渡れないので、歩いて渡ってみます。

こうしてみると、とても綺麗な形状…


ゆるたん。
さすがに錆付きは激しくなっています。
昭和32年に架けられたものだそうですが、それ以前はここも吊橋だったようで
通過したトラックが転落した死亡事故があり、それが原因でこちらの橋に架け替えたという話があります。

先ほどの上桂橋も、こういう影響で架け替わったのかもしれません(憶測ですが)


ゆるたん。
なんて綺麗なのだろう。


ゆるたん。
かつては向こう岸も鬱蒼としていて、どこに続くのかわからない状態だったのに

人為的に見通しがよくなってしまうのも、とても怖くて哀しいものなんだ。。


ゆるたん。
どこまで沈められてしまうのだろう。。


ゆるたん。
2年後、ここは水の底。


ゆるたん。

ゆるたん。
人の暮らしを支え続けたこの橋も、役目を終えようとしています。


ゆるたん。
双子のように仲良く並ぶ木柱。


ゆるたん。

ゆるたん。
遥か向こうに見えるあの橋脚が、夕張岳登山への道の役割も担っていた
この白金橋の代わりを果たすことになる。


ゆるたん。
歩いて渡りきりました。
歩くにはそこそこ長いように見えるけど、あっという間に感じた。


ゆるたん。
ここも車ではすれ違うのが不可能なくらい、幅は狭い。

車両重量制限があったりします。


ゆるたん。
渡った道の先、モンスターが通せんぼ。

もう、以前の面影がない…


引き返します。


ゆるたん。

ゆるたん。
周りの景色も、橋の廃れ具合も、とても、痛々しい。


ゆるたん。
最後に歩いて渡れたのが、幸い。

それにしても景色の変貌が、あまりにも急速すぎる。



ゆるたん。

ゆるたん。
当時としてはスタンダードなのだろうけど、弧が綺麗な形。
これが最後だからか、とっても美しいものに思える。

国道を走っていて、緑の中から微かに見えたこの橋にわくわくしながらたどり着いた時から
わずか1年。

冷たい現実を突きつけられるような、わかっていたけどそれを実際に目にすると
こんなに哀しいものなんだと、思い知りました。


つづく。


人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

懐かしいし寂しい

ありがとうございます。
久しぶりにおじいちゃん家に続く白金橋を見ることができました。

やはり寂しさもありますけれど。
  • 2017-05-31 00:21
  • ぎん
  • URL
  • 編集

*ぎんさん*

コメントありがとうございます。
最後に訪れてから6年経ちますが、
白金橋の先におじいさまのお家があったのですね。
私もこの辺りを通ることもなくなってしまいましたが、ぎんさんのコメントのおかげで私も懐かしく思い出しています。
そして、自分が撮ったものですが見返すとやっぱり寂しいですね。
三弦橋が有名でしたが、私はこの白金橋も好きでしたね。

返信ありがとうです

返信ありがとうございます。

今は私は道外にいますが、何とか見に行こうと思っています。夏にダムの水位が低いと(白金と間違ってしまいました)白銀橋が見えるかもと聞いたもので。

おじいちゃんは最初のダムで沈む場所に住んでいて、移動した家もまた沈んでしまったんですよねぇ
子供の頃いつもココ(水の底でも具体的に場所を示して)に家があったんだよと母の言葉を聞いてから白銀橋を渡っていました。
そこもどの辺りか分かるかな?

すみません。どんどん懐かしさが溢れてきました。
ありがとうございました。それでは。
  • 2017-06-02 02:29
  • ぎん
  • URL
  • 編集

*ぎんさん*

ダムも2度嵩上げされているのですものね。
切ないですがご家族とのお話、胸に迫るものがあります。
お話ありがとうございました。
他の方のブログでは上の部分が見えるお写真もありますね!
タイミング計るのが難しいかもしれませんがぜひ、水位の低い時期を目掛けて行かれてみてください。
意外と見られることもあるかもしれませんね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。