Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

1. 見てきました

今日、大夕張に行ってきましたので、こちらの橋も国道から確認できました。
しかし、看板がちょっと見えるくらい雪が残っていて、橋には全く近づけませんでした。

ところで、452号 (新)白銀橋付近に捨て犬があるというので、今日見てきました。
ご飯風景です。

http://youtu.be/RCQDYUHne7o
  • 2012-04-14 21:48
  • さくら
  • URL
  • 編集

2. *さくらさん*

こんばんは♪
国道から見られたんですね!今の時期は見通しいいですもんね。
雪はまだ凄そうですね…12月上旬で上の状態だったので、近寄れるまでは時間かかるかもしれません。

クロちゃん情報ちらっと拝見していましたが、
あの場所に捨てに来る人いるんですね…
引き取ってくれる方が現れれてくれればよいのですが、
胸が痛みます。

3. 大夕張のクロ、南部の人の愛に支えられて

本日、大夕張でクロに給餌していたら、採石プラントに勤めている女性がやはり給餌しに寄られました。

クロは保護されれば飼いたい人が南部に二人いる、との朗報を知るところとなりました。その女性は、みごとにクロからなつかれており、多分彼女が保護することになると思います。

心洗われる、素晴らしい出来事でした。
クロは、通りかかる南部の方々に毎日 ご飯をもらっております。取り急ぎお知らせまで。
..
  • 2012-04-16 21:12
  • さくら
  • URL
  • 編集

4. *さくらさん*

給餌、お疲れさまでした。
どうやら多くの方々に気にかけてもらえているようですね。
大夕張、色々ありますが、周辺の方々のやさしい心遣いに暖かい気持ちになります。
本当によかったです!

さくらさんの行動も、私が知るきっかけとなりましたので、素敵な役割を果たされていると思います。
本当にありがとうございます。

私は祈ることと、たまに様子を見に行くことくらいしかできなくて申し訳ないのですが、
クロちゃんが、このまま人々の温かさに触れられ続けることができますように。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

桂沢湖の謎トラス橋―上桂橋

大夕張方面に向かったものの、目的の場所に先客さんがいらしたので、

元々行くつもりだったこちらに先に来てみました。

夕張ではなく、三笠になるのですが。


ゆるたん。
国道452、桂沢湖の南側に林道入口があります。
一面、雪景色になっていました。

実はひと月ほど前、アートプロジェクトの後にここに初めて寄ったのですが、
そのときはまだ秋の山道といった感じでした。

見づらいですが、先にゲートがあってそのときはそこまで車で入れたのですが
当然除雪などしていませんので、ここから歩いていきます。

普通の靴では埋もれるので…長靴積んでおいてよかった(笑)


ゆるたん。
ゲートから先、少し歩くと見えてきました。
とっても年季の入った橋です。


ゆるたん。
再び来ました!

雪景色に赤錆の色が、いい味出してます。
しかも青い空~


ゆるたん。
こちらは前回来たときのものです。
雪がなければこんな感じです。

一応、立入禁止のテープが張られていますが…雪積もったらその存在感が…汗

カメラのバッテリー切れで、ここの写真はこれ一枚しか撮れませんでした。



今回は、ちゃんと撮って来ました。。


ゆるたん。
橋の手前部分が、半分ほど崩落していてとても危険です。


ゆるたん。
落ちてしまうと、自力で這い上がってこれるかは微妙です…


ゆるたん。
橋のつくりは、三弦橋などでもおなじみのワーレントラス形式。
三角がずっと連なっているような形です。綺麗。

トラス橋ってなんですか?→Wikiさま
とってもたくさんの種類があるのですね。面白いです。


ゆるたん。
湖面はちょっと緑がかっていました。

桂沢湖もダム湖なので…正式にはここの名前も桂沢ダムなんですよね。

向こうの山肌が地すべりのようになっています。大丈夫かな?


ゆるたん。
反対側にも橋が見えますが、そちらは現役の橋です。
国道452を真っ直ぐ行くと渡ることになります。
方角的に桂沢大橋かと思います。


ゆるたん。

ゆるたん。
欄干も床材も赤茶けていますが、まだまだ丈夫そうです。


ゆるたん。
中ほどに必ずといっていいほどある、待避所のようなスペース。


ゆるたん。
国道側を望む。


ゆるたん。
ここまで来てしまった。

この橋、人が渡るには広いけど、車が渡るには狭すぎる。
横幅が1台渡るのが精一杯。向こう岸からもう1台渡って来た場合、すれ違うことがおそらく出来ない。

森林鉄道橋という説、旧道という説もあるようですが
多分、今の国道が出来るまではこの辺りは一般の車は入れず、
ここに関しては、もっぱらダムや林業関係車両のための林道として今に至るのではと思います。

鉄道橋にしては、床材が平面で枕木を取り付けた跡すらないので…

だったら混み合うわけではないので
渡れさえすれば1台分の幅で十分ですよね。


ゆるたん。
ここは、幾春別川という流れに繋がります。

三笠市街の幾春別川とはまた違う川のようですが。

追)初歩ミス(笑)三笠の幾春別川からここまで繋がっています。
幾春別川にダムを作ってこの湖が出来た、ということです。


ゆるたん。
渡りきった先には、こんな門のような柱のようなものがありましたが

吊橋の名残のようにも見えます…かつてはここも簡易的な作りだったのかもしれません。


ゆるたん。
この先もまだ道は続く、ようですが
カーブの標識も錆びついて、あとは動物の気配しかしませんでしたので、
引き返すことにしました。

クマさんは寝てるかもですが。。(´(・)`)


ゆるたん。
小動物の足跡があったり…でも雪解け水が綺麗でした。

地図で見ると、この先にも2つほど橋があるみたいで。でもそこそこ歩くようなのでさすがに今回は…
どんな橋なのかいつか見てみたいな~!


ゆるたん。
かみかつらばし。欄干の柱がかなり風化してきています。
引き返します。


ゆるたん。

ゆるたん。

ゆるたん。

ゆるたん。

ゆるたん。
戻ってきました。

一番知りたかった竣工年が、こんなことに…
おそらく、昭和31年?10月?のような。

ちょうどダムが出来た年のあたりですね。
それまでは、ここも細々とした川だったのでしょうし、吊橋だったとしても不思議はないですね。

こういうの調べたり推測するのがけっこう、楽しいです(笑)


ゆるたん。
最後にパチリ。

戻ります。


ゆるたん。
戻り道の雪景色がとっても綺麗で、しばらく目を奪われました。

人らしき足跡は、自分のものしかありませんでした。

他の動物の足跡もあり、それと混じると、自分も動物なんだよなあ…って思います。


おじゃましました~。

そろそろ夕張方面に戻ります。


つづく


人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

1. 見てきました

今日、大夕張に行ってきましたので、こちらの橋も国道から確認できました。
しかし、看板がちょっと見えるくらい雪が残っていて、橋には全く近づけませんでした。

ところで、452号 (新)白銀橋付近に捨て犬があるというので、今日見てきました。
ご飯風景です。

http://youtu.be/RCQDYUHne7o
  • 2012-04-14 21:48
  • さくら
  • URL
  • 編集

2. *さくらさん*

こんばんは♪
国道から見られたんですね!今の時期は見通しいいですもんね。
雪はまだ凄そうですね…12月上旬で上の状態だったので、近寄れるまでは時間かかるかもしれません。

クロちゃん情報ちらっと拝見していましたが、
あの場所に捨てに来る人いるんですね…
引き取ってくれる方が現れれてくれればよいのですが、
胸が痛みます。

3. 大夕張のクロ、南部の人の愛に支えられて

本日、大夕張でクロに給餌していたら、採石プラントに勤めている女性がやはり給餌しに寄られました。

クロは保護されれば飼いたい人が南部に二人いる、との朗報を知るところとなりました。その女性は、みごとにクロからなつかれており、多分彼女が保護することになると思います。

心洗われる、素晴らしい出来事でした。
クロは、通りかかる南部の方々に毎日 ご飯をもらっております。取り急ぎお知らせまで。
..
  • 2012-04-16 21:12
  • さくら
  • URL
  • 編集

4. *さくらさん*

給餌、お疲れさまでした。
どうやら多くの方々に気にかけてもらえているようですね。
大夕張、色々ありますが、周辺の方々のやさしい心遣いに暖かい気持ちになります。
本当によかったです!

さくらさんの行動も、私が知るきっかけとなりましたので、素敵な役割を果たされていると思います。
本当にありがとうございます。

私は祈ることと、たまに様子を見に行くことくらいしかできなくて申し訳ないのですが、
クロちゃんが、このまま人々の温かさに触れられ続けることができますように。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。