Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

夕張清水沢アートプロジェクト―その2

次のエリアに行ってみると

ゆるたん。
下に降りる階段と


ゆるたん。
資材置き場になっているスペース。
天井が高い。。本当に大きな建物です。


ゆるたん。
巻き上げ機のようなものもあります。


ゆるたん。
その間に上へ行く階段もあったので、こちらに行ってみます。


ゆるたん。
下から見上げてみると、そこには幻想的な空間が…


ゆるたん。
言葉で言い表せないほど、雰囲気のある空間。

実際は周りに人もそこそこいて、若干の賑わいもあるのに
ぐっと静寂の世界に引き込まれるような感覚に陥ります。


ゆるたん。
『白昼虫』

漂う記憶とか、かつての人の気配とかを感じさせます。

傘つき電灯が、とてもいい味を出していますね。。


ゆるたん。
ガラスのない窓から、時折風が吹き込むたびにゆらゆらと。

美しいな、見事に建物とマッチング。



ゆるたん。
『トモシビ』

脆く儚い、でも確実にそこにあるもの。


ゆるたん。
この空間、なんだろうこの哀しい美しさって。


ゆるたん。
『思いだす影』

幸せだった頃の記憶は、このようなぼんやりとした輪郭を伴って思い出されるような気がする。


ゆるたん。
『貯炭場と坑内員』

遠めには気づかないほど小さめの作品なのですが、よく見ると??

実際の坑内員さんも、こんなに真っ黒だったのでしょうね☆



ゆるたん。

ゆるたん。
蒸留水…どういう用途だったのでしょうか。
この瓶の形がちょっとお気に入り(笑)


ゆるたん。
『無題』

そのまま、壁の染みのようにも、でもこれは…と一瞬ドキッとするのは
もしかしたら、ここに想いを残した人の姿なのかも、とか。


ゆるたん。
『風神・雷神・千手観音(タービンローター)』

機械の力は、生身の人の力では起こせない神の力。

思えば、当たり前に電気や火が使える状況って、尋常じゃないと思いませんか?

と、電気を必要とするPCを使ってこのブログを書きながら、思ってみる。


ゆるたん。
ガラスの落ちた窓枠から少し身を乗り出して、覗いた向こうはダムでした。

清水沢ダム、後であのダム橋に行ってみます。


まだ続きます、よー


人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

フリーエリア



レンタルCGI

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。