Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

赤平立坑内部その2―TANtanまつり2011より

ゆるたん。
事故などトラブルが起きたときのための消化設備のチェック表、みたいなものでしょうか。

最後の日まで、毎日チェックがなされていたんですね。



ゆるたん。
幸い使われることのなかった消火砂が、静かに佇む。


ゆるたん。

ゆるたん。
今は人ではなく、草が腰(根)を下ろしている。


ゆるたん。
こんな配電盤が、ずらっと並んでいた。

施設の規模の大きさを誇示するかのようです。



再び、1階に戻ります。


ゆるたん。

ゆるたん。
石炭を運搬していたトロッコ列車。

まだ新しくて丈夫そうで、今でも動きそう。


ゆるたん。
こちらは、作業員を運ぶ列車です!
動きませんが、乗ることもできました。


ゆるたん。
坑内を行き来するときの緊迫感が伝わってきそうです…


ゆるたん。
運転室が開いていたので、入ってみます。
階段はちょっと急です。


ゆるたん。
本当の仕事場!という雰囲気です…!


ゆるたん。

ゆるたん。

ゆるたん。

ゆるたん。
作業場の重厚な雰囲気に、この形の椅子とかわいい座布団がちょっとほんわかします。

何故か少し、物悲しさも覚えます…( ´Д⊂ヽ



ゆるたん。
このレールはとてもわくわくしますね!(笑)

私は鉄道マニアではないけれど、それでもなんとなくわかる。


滅多に見れない場所なので…
色々なものを目と心に焼き付けて、外に出ました。


つづく。



人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。