Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

赤平立坑内部その1―TANtanまつり2011より

元炭鉱マンのガイドさんのお話を聞き、安全のためにヘルメット着用。

ついに、立坑の内部へ…!


ゆるたん。
あの櫓の、真下です!

大きい~(゚д゚)!


ゆるたん。

ゆるたん。
どこを見ても、圧倒されます…


ゆるたん。

ゆるたん。

ゆるたん。

ゆるたん。
かなり、綺麗な状態で残されているんですね。

ちょっとメンテナンスすれば、今でも動かすことが出来るんだとか…


ゆるたん。

ゆるたん。
坑内のエレベーター、さすがに動かないのですが
箱に載せてもらうことができました!
一つの箱に6人×3列で定員18人で載っていたらしく、これも実際に見学者18人ずつ乗り込んで再現。

けっこうキツキツで…これは大変だったろうなあ…

しかも毎秒6mで昇降していたと…これ、速いですよね?



2階に上がりました。


ゆるたん。
とっても大きな巻き上げ機。

大柄な人の背丈でも軽く越える大きさ。1.5人分くらい?


ゆるたん。

ゆるたん。

ゆるたん。
これらの機械がこの炭鉱を動かしていた、と思うと、なんだか感慨深い。

もっと言えば、当時の日本のエネルギー政策を担っていたんですよね。


ゆるたん。
坑内電話?


ゆるたん。
操作室に、子どもも大はしゃぎ(笑)

秘密基地みたいよね~(´∀`*)ウフフ


ゆるたん。
ダイヤル電話…なんと懐かしい。


ゆるたん。


目に入るものなにもかもがあまりに素敵過ぎて
とってもたくさん撮ってしまったので(;´∀`)

つづきます…



人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

フリーエリア



レンタルCGI

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。