Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

金比羅火口散策路リベンジ!

7月末に宣言どおり、行ってきましたヾ(゚ω゚)ノ゛

暑い日じゃった…



ゆるたん。
『やすらぎの家』です。
ここのシンボル的な存在ですね。

夏場だと、草の生え具合ですでに使われていない建物だとわかります。


ゆるたん。
I Love Toya健在でした☆


ゆるたん。
本来はこの道をそのまま行って、やすらぎの家や団地跡を回って戻ってくるらしいのですが

入口そばの案内所で、係員の方から、
少し登山になるけど、火口が綺麗だという話を聞いたので、そちらへ行くことにしました。
こことは逆方向へ行って、登山してぐるっと団地なども回って戻ってくるコースです。

それほど遠いわけではなさそうなので、せっかくなので行ってみましょう~(゚∀゚)
フットパスマップもいただいて、行く先々に目印も立ててあるので、そんなに迷わないみたいです。


ゆるたん。
振り返って逆の道を歩いていきます。

こっちは、舗装されてない。
徐々に、上っていきます。


ゆるたん。
堰堤の上を渡ります。
幅が広いのでそんなに怖くはないけど、若干高さがある。


ゆるたん。
振り返ると、洞爺湖と温泉街が!


ゆるたん。
噴火のために、断層となった場所。

こんな場所が何ヶ所かあります。


ゆるたん。
噴出した土砂が流れ出た跡が、谷間のようになっている。


ゆるたん。
真ん中辺りにあるプレハブ小屋が、先ほどの案内所。

かなり登ってきました…


ゆるたん。
舗装道路に出ました、が、
整備されているのではなく、ここがかつてのR230だったのだという。


ゆるたん。
旧R230から、団地側を望む。


ゆるたん。
カーブミラーも、押し曲げるほどの力って…


ゆるたん。
滑り止め砂の箱が、忘れ去られたように佇んでいました。

かつては大きな道路だったことを物語ります。


ゆるたん。
右下のように、案内が立てられているので、便利です。

ここを登っていきます。


ゆるたん。
少し勾配が急になってきましたが…
暑い中、じんたらと登っていきます(((;-д- )=3ハァハァ

この先に、どんな景色があるのかな…??


つづく


人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。