Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

1. これはまた・・・

すごすぎる・・・www
  • 2011-07-06 16:14
  • 福崎春ペイ
  • URL
  • 編集

2. *春ペーさん*

念のため、神経質とか賞味期限とかもろもろ気にするような質の人にはおすすめしかねます…(;^ω^)

3. 無題

あ~っ!
こういう感じ 好きです(笑)

砂糖ポットの 螺旋スプーンが 泣かせます!
行ってみたい~っ!

4. *熊雄さん*

こちらに反応されたとは!(笑)

グルメな方や綺麗好きにはオススメできないですが(笑)
独特のレトロ感や店主さんのトークが名物のお店です☆

螺旋スプーンたしかに最近見かけなくなりましたね…!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

室蘭の秘境喫茶・ランプ城

3月はじめのことでした…

まだ記事書かないの?と同行者に催促される始末…
大変、お待たせしました…(m´・ω・`)m

ここの話をしたら、ものすごい勢いで食いついてきたのは
いつもお世話になっている友人(作家仲間)の旦那さん。

3人で向かったのですが、友人は車で待機すると言い出し(・3・)エェー!?
仕方がないので2人で突入することに…ナゼコウナッタ…


ゆるたん。
たしかに、普通の人は恐れおののきそうな雰囲気ですが…(笑)

室蘭のとある断崖絶壁の上、この先に喫茶店があるなどと誰が想像するだろうか…


ゆるたん。
擁壁には、ご丁寧に案内が描かれている。

右から左書き。かなり古そうだ。

かつてはここに壁画が描かれていたという話。


ゆるたん。
往年はそこそこ華やかだったであろう看板。

今はちょっと、無残な状態に…


ゆるたん。
入り口横から。
遥か下に、港が見えます。

かなりの高所にあるのです。


意を決して、突入…いやお邪魔してみます。


ゆるたん。
うおおおおこれは想像を…越える場所ですね:(;゙゚'ω゚'):

店内には誰もいなかったので、何度か呼んだら、
城主のおばあさんが登場…!
「いらっしゃい」

事前に調べていた情報どおり、カウンター内のプレーヤーで
クラシックのレコードをかけてくれます。

そして天井から下がっているランプの電気を、椅子に上ってわざわざつけてくれるサービス(笑)

建物の外観とはうらはらに、サービス精神旺盛のおばあさんに少し安心。


えーと、何を注文したらいいんだろ?
メニューは…と…

「なんにします?」

ああ、ここは常連客ばかりのお店のように
メニューなどない!みたいなスタンスなのかあ!

(いや、言えば見せてもらえたかもしれないけど、何故か度胸が…)

無難(笑)に、2人ともコーヒーを注文。


ゆるたん。
写真撮影許可をいただいたので(むしろどんどん紹介してと言われた)、
コーヒーが来るまでの間、撮影会。

かなり埃っぽいのですが…この雰囲気、普通のカフェでは絶対味わえない。


ゆるたん。
シカの角とか、帆船の模型とか、やたら渋い。
のに、新しめのテレビが置いてあるとか(笑)

このバランスが、昔のばあちゃんの家を思い出させる…


ゆるたん。
椅子は相当な年季で、もれなくこんな感じです。

皮の破れで、服を引っ掛けるかもしれませんので注意が必要です(笑)


ゆるたん。
と、銀(ステンレス?)のお盆に
お水とお菓子を運んできてくれました。

これはサービスのようです。お菓子は嬉しい。

砂糖、ポットがめっちゃ懐かしい!
ちょっと、汚れが目立ちますが…(;´∀`)(;´∀`)(;´∀`)


ゆるたん。
窓辺のおもちゃは可愛かったなー。
ここの眺望がとっても良くて、晴れている日は駒ヶ岳まで見えると話されてました。


ゆるたん。
天井には年代モノのレコードジャケットが。

すでに色あせてたりヨレヨレになっていますが、綺麗だったら結構な価値だったんじゃないだろうか…?


ゆるたん。
壁には、ここを訪れた人たちのメッセージが貼られている。

地方に越してたまたま帰ってきた人が立ち寄ったり…何度も来ている人だったり。
字やカットから推測するに、意外と若い方が多い印象。
おばあさん目当てに来る方がほとんどなんだろうな。


おばあさんはお話好き。
私たちが苫小牧から来た、という話をすると、
色々と…昔と比べると室蘭は寂しくなる一方とか、市政の話とか、もっと文化に力を入れなきゃとか、
かなり真面目に街のことを思っているらしい。

空港が遠いという話もしていた。たしかに…

室蘭はかなり町おこしにがんばっている方だとは思うけど、
昔の鉄の街の賑わいを知っている方には、それでも寂しいものなんだろうな…


ゆるたん。
このガラス扉の奥が気になったけど…中に入るのは遠慮しておいた。
聞けばどうぞと言ってくれそうだけど。


ゆるたん。
コーヒーが、来ました!

アメリカンっぽく薄味で美味しかったですが
ついてきたミルクは…半分固まりかけ…て…

ああああしまったーっガ━━━━━━∑(゚д゚lll)━━━━━━ン

そのままブラックで飲むべきだった…ここにきて罠にはまるとは…っ(笑)


お話も弾み、コーヒーもいただいたので
そろそろお暇しようとお勘定をお願いしたら
コーヒー1杯250円。2人で500円なんてリーズナブル!

でもお釣りがなかったらしく
小銭ない?って聞かれました。

ぬぬう、ランプ城、最後まで気が抜けない…(笑)
ここに来るときはなるべく、小銭を用意していきましょう。


ゆるたん。
真下は追直漁港というそうな。

水面がとても綺麗でした。

おばあさん、お元気で。
もっとお店、皆さんにお知らせしてくださいと言われました。
もっと続けてくださいね(´∀`)ノ

こういう場所は人を選ぶとは思いますが、ツボに入る人はけっこういるはず!


つづく


人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

1. これはまた・・・

すごすぎる・・・www
  • 2011-07-06 16:14
  • 福崎春ペイ
  • URL
  • 編集

2. *春ペーさん*

念のため、神経質とか賞味期限とかもろもろ気にするような質の人にはおすすめしかねます…(;^ω^)

3. 無題

あ~っ!
こういう感じ 好きです(笑)

砂糖ポットの 螺旋スプーンが 泣かせます!
行ってみたい~っ!

4. *熊雄さん*

こちらに反応されたとは!(笑)

グルメな方や綺麗好きにはオススメできないですが(笑)
独特のレトロ感や店主さんのトークが名物のお店です☆

螺旋スプーンたしかに最近見かけなくなりましたね…!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

フリーエリア



レンタルCGI

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。