Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

高丘森林公園(2005年8月)・前編

前回の金太郎池に続き、同じ日に池から続く散策路の探索にも行ってみました。

金太郎池含み、ここら辺一帯の森林を「高丘森林公園」といいます。


案内板の、真ん中より少し下の方に現在地の赤丸があります。

ここ金太郎池から、西の方へ進み高速道路を越えて向こうの方へ行って戻ってくることに。


右にちらっと見えるクマ注意看板…

出るんすね…(;´Д`)


看板、この写真では見づらいですが、高速を越えてもう少し行ったところに

「トンギョの池」というところがあります(左下の東屋が描いてあるところ)。

ここが子供の頃からずっと気になっていて…小学生の頃、同じクラスの男子が行ったとかで話題になっていて、本当にトンギョがいるとかなんとかで、おお!自分も行ってみたいと思いつつ、今まで行けなかったのです。


最近になって、ここの存在を思い出し、行ってみようと思い立ったわけです。

20年以上越しの夢でした(笑)


そういえば、ここ金太郎の池も今でこそ綺麗に整備されていますが、元々はかなり鬱蒼とした森の中にあったのです。池に着くのに少し歩いたはずですし、池自体ももっと小さかった記憶があります。

切り開いて今のように池を整備して、広場や駐車場も作ったのですね。


本音を言えば、昔の秘境のような金太郎池の方が魅力ありました(笑)

そこでたまに友達同士でここまで遊びに来てたりしました。いやーあの頃は楽しかった(°∀°)b









森林公園のポイント毎にこんな看板が立っています。

金太郎の池も例に漏れず。




池の西側の散策路から入ってみます。

入り口こんな感じ…薄暗い…

階段もけっこう段差が急で、しかもあまり人通りないのか雑草だらけだった…゚(∀) ゚ エッ?

数年前の台風の影響で、木が根こそぎ倒れてた…すげー力。

こんな光景をこの先かなり見ることになります。







ほどなく展望広場という場所に。

でも、周りが生い茂っているのでどこが見渡せる場所なのかいまいちわかりませんでした(^▽^;)





展望広場からもう少し行くと、橋がー!

高速道路の上を渡る橋です!

橋から高速を望む。


高速を走るとき、上に橋がかかっているのを見ると「あの橋、どこから入ると渡れるのかなあ???」なんてよく疑問に思ってたのですが、こういう林道とか散策路だったりするんですねー。

これもある意味達成感が(笑)

天気は良かったけど、散策路に入ると薄暗くなる…

涼しくて良かったけど。


もうほとんど、獣道状態(;´∀`)

このときは、1人だけ、後ろから来て追い抜いていきました。ウォーキングかしら。

向こうから誰か来てすれ違うことは一度もありませんでした。それくらい人通りがない…







マカバ広場。シラカバの仲間?

どれがマカバだったのか?

広場というほど広い場所はないような。






道が整備されて歩きやすい~♪チップが敷き詰めてあってやわらかくなってる。

バリアフリー仕様らしいのだけど、足腰不自由な人も来るのかしら。途中階段とかもあるから無理そうな感じもするけど…?

右側、思いっきり木が倒れてる…








上の写真の上の方にこんな看板…

ハチこわーいヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

クマも怖いがハチもやばいね…

スズメバチもいるらしいよ!








アオダモって、野球のバットとかに使われる木だねー。

そんな木もここにあるんだー(´・∀・`)ヘー






階段降りていきます。チップ敷いてあるので降りやすい。

結構坂としては急だから階段つけたのかな?






シラカバ広場。

シラカバは街路樹にもあるよねー。

これの花粉に悩まされる人も多かろう…


ここからしばらく歩いて…





着きましたー!トンギョの池広場!

現在地は左側の赤三角です(見づらいかも…)。

金太郎池から高速超えてかなり歩きましたー!

1キロは越えてるかな…多分越えてる(笑)平坦じゃないから、けっこう疲れます。

ほんとウォーキングとかハイキングにいい場所かも。


長くなったので後編に続きます。


人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。