Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

幌内炭鉱景観公園その4―常盤坑と神社

「ときわ」と書いてあった方へ行ってみます…


ゆるたん。
更に朽ち果てたドラム缶のような、ブロアーのようにも見える。


ゆるたん。
向こうにもぽつぽつと見える遺構、広いなー( ゚Д゚)ヒョエー

1時間で回れるとか、見て歩いてたら絶対無理。


ゆるたん。
おおーこれはっ!


ゆるたん。
「常盤坑」

トンネルにかけるような、名前の額が何故か立てかけられていた。


ゆるたん。
(・∀・)ほう

さっきのが本卸坑、じゃあ左側に…


ゆるたん。
副卸坑があった。

あの額、本来はこうやって上にかかっていたものなのですね(・∀・)


平成元年に密閉されたということかな…
このトンネルみたいに入口がカール状になっているの、実際現役時はトンネルみたいなものだったんだろうね。


ゆるたん。
本卸と副卸のちょうど間に、鳥居と祠があった…
ちゃんと狛犬もいる。


ゆるたん。
小さい神社…
現場の安全を願って作られたものなんでしょうね。

入坑する前に、安全祈願とかしたのでしょうか。


ゆるたん。
すぐ後ろは、巻き揚げ場だった。

機械類は、すでにほとんどなかったような。
常盤坑からベルトコンベヤーで石炭を運び出していたらしい。


ゆるたん。
なぜか「巻揚機」と書かれたバケツ…


ゆるたん。
こんな感じで、木造のものはかなり壊れていた…
雪もまだあったせいか、本当はもうちょっと何か残っていたかもしれませんが。


つづく。


人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

フリーエリア



レンタルCGI

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。