Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

1. 無題

真冬に踏み抜いた雪の中に胸まで沈んで目が点になったことがありました。
カメラ持ってバンザイしてたので出るの大変だったよ。

2. *ねこんさん*

胸まで!ほぼ生き埋めですか…(;・∀・)
さすが、かなり切り込んでますねー。
その状態でどうやって出たのか気になる…(笑)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

幌内炭鉱景観公園その2―安全灯庫など

進んでいくと、派手に倒壊したトタンの建物が…


ゆるたん。
冬期の雪の重みでやられてしまった感が…


ゆるたん。
入口も歪んで、開きそうにない状態。


ゆるたん。

ゆるたん。

ゆるたん。
変圧器らしきものや、消火砂袋が散乱。
倉庫のような用途だったのだろうか…?


ゆるたん。
傍には錆びついたドラム缶。
日本石油のコーモリ印がなつかしい…昔よく見たけど今も使われているんだろうか…?


ゆるたん。
レンガ造りの建物に近づいてみる。

屋根部分が丸くなっている。
産業系の建造物にしては味わい深い。


ゆるたん。

ゆるたん。
年季、入ってますね。
色褪せ具合も良い感じです…


ゆるたん。
縦に長い建物だったらしく、真ん中らへんが倒壊していた。
遺跡状態。


ゆるたん。
下部に内部か地下かに続くと思われる穴が開いていた。


ゆるたん。
どうやら、「安全灯庫」だったらしい。

昔は坑内の灯りに裸火を使っていたんですねー。
こういう看板を読むのも多少なりとも歴史がわかって面白い。
(現地ではあまり読まず、とりあえず撮ってPCに取り込んでから読んでいるんですが(;・∀・))


ゆるたん。
この穴…

はい、私が開けました(゚Д゚)ノ ァィ

ちょうど、2つ上の写真にある穴を撮ろうとしてはまったという(´゚ω゚):;*.:;ブッ
雪の上で、足場固まってなかったらしく思いっきり腿あたりまで沈んだ…

下が空洞化していたのかも。


ゆるたん。

草の下は、川だったり。
夏場と状況も違うでしょうが、こういう場所もあったので行かれる場合はぜひ気をつけて。


ゆるたん。
「ときわ」と「おとは」の看板。

おとはって…あの音羽坑のことかな?
まず「おとは」に行ってみましょー(゚Д゚)ノ ァィ

実はこの公園内で唯一、何度試みてもピントが合わなかった場所だったんですよね…(;´Д`)
自分の腕の悪さならいいんですが。

強制的にシャッター切ったけど「あなたの知らない世界」的な何かがあるんでしょか…なぞ…


つづく。


人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

1. 無題

真冬に踏み抜いた雪の中に胸まで沈んで目が点になったことがありました。
カメラ持ってバンザイしてたので出るの大変だったよ。

2. *ねこんさん*

胸まで!ほぼ生き埋めですか…(;・∀・)
さすが、かなり切り込んでますねー。
その状態でどうやって出たのか気になる…(笑)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

フリーエリア



レンタルCGI

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。