Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

1. アーチ橋ってホント良いですね

ひがし大雪アーチ橋梁群は、他の同型の橋が誕生するきっかけになる試験的な施工だったそうです。そのため工事図面や建築資料、施工風景など多くの資料が収集され残されているようです。

アーチのメリットは、
1)完成すればレールを通すだけで、橋げたの上に鉄橋を通す重機を使う大掛かりな工事の必要が無い。

2)施工に際してコンクリートの骨材(砂利など)を現場で調達して打設するため安価に済ませられる工事の試験施工(そのためアーチには十勝石(黒曜石)も混じっているそうです)

今はスカスカになったタウシュベツ川橋梁もかつては五の沢に負けないイケメンだったようです。

2. *ねこんさん*

アーチ橋は大小かかわらず惚れますね(笑)
ここら辺の橋が、他のアーチ橋のルーツ的な役割を果たしたのですねー。

そうそう、かなり費用が抑えられたのが大きいみたいですよね。
黒曜石入りってなんかすごいかも…

タウシュベツは現役時もすごく綺麗だったようですね。
当時糠平湖が出来るまでは、木々に隠れてしまってなかなかその美しさに気づけなかったみたいですが、湖が出来て周りが伐採されたためにその全容が見られるようになって、有名になったという変わったいきさつがあるようですし。
今のスカスカ状態もまた歴史の趣がありますね。

今度こそはちゃんと見たいですねー(;・∀・)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

五の沢橋梁@糠平

水没したタウシュベツを目の当たりにした私ら一行。

ここに来るまでに、いくつか別にアーチ橋の看板を見たので、せめてそっちだけでも…
と、寄ってみることにした。

ここ糠平湖周辺には、山岳地帯に旧士幌線を作ったため、タウシュベツをはじめ他にもアーチ橋が沢山あるのです。

時間の関係で全ては回れなかったのですが…

ま、転んでもタダでは起きないですから(笑)


ゆるたん。
この脇に、「五の沢橋梁」の看板があった。
停車スペースがあったのでそこに停める。

前方に、道路の橋の看板がある。
小川が流れているので、この近くにあるはず…


ゆるたん。
その道路の橋から見てみた。

あったあった!
(道路は、歩道もなくそれなりに車通りがあるので飛び出さないようにすること)


ゆるたん。
タウシュベツに比べればちんまりしてますが…

しかしアーチ形ってなぜこんなに心惹かれるのか…
曲線美がたまりません(*´д`*)ハァハァ

何故アーチ形にしたのか、実は立地や建設費の削減ばかりではなく、周辺の景観との調和も考えて
あえてアーチ形を採用したのだそうだ。

当時1930年代…この頃から、環境デザインというものを意識していたということがすごいですね。


ゆるたん。
五の沢


さっきの、東大雪の道を、ずっと歩くとおそらくあの橋の上を渡れるのだろう…
面白そう…でも全長8kmもあるからなあ…Σ(・ε・;)

道は平坦なので、比較的楽そうではあるけれど…

これ、夏になって繁り出したら見えなくなるかも(;・∀・)
ちょうどいい時期に来たかもね。

つづく。



人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

1. アーチ橋ってホント良いですね

ひがし大雪アーチ橋梁群は、他の同型の橋が誕生するきっかけになる試験的な施工だったそうです。そのため工事図面や建築資料、施工風景など多くの資料が収集され残されているようです。

アーチのメリットは、
1)完成すればレールを通すだけで、橋げたの上に鉄橋を通す重機を使う大掛かりな工事の必要が無い。

2)施工に際してコンクリートの骨材(砂利など)を現場で調達して打設するため安価に済ませられる工事の試験施工(そのためアーチには十勝石(黒曜石)も混じっているそうです)

今はスカスカになったタウシュベツ川橋梁もかつては五の沢に負けないイケメンだったようです。

2. *ねこんさん*

アーチ橋は大小かかわらず惚れますね(笑)
ここら辺の橋が、他のアーチ橋のルーツ的な役割を果たしたのですねー。

そうそう、かなり費用が抑えられたのが大きいみたいですよね。
黒曜石入りってなんかすごいかも…

タウシュベツは現役時もすごく綺麗だったようですね。
当時糠平湖が出来るまでは、木々に隠れてしまってなかなかその美しさに気づけなかったみたいですが、湖が出来て周りが伐採されたためにその全容が見られるようになって、有名になったという変わったいきさつがあるようですし。
今のスカスカ状態もまた歴史の趣がありますね。

今度こそはちゃんと見たいですねー(;・∀・)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

フリーエリア



レンタルCGI

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。