Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

有島武郎旧邸@芸森

本当は、4月に行ったもののUPしきれてない記事があるのですが…
時期的に早めに上げたいものがあるので優先的に。


5月に、芸術の森に行った際に寄ってみた。

ゆるたん。
有島さん家に…

ちゃんと、門の表札にも書いてあった(笑)


いつも、芸森に行ったときには気になっていた、いい感じに古くてステキな家。
と思いながらもスルーしてしまっていたのですが、1人だし天気もいいし(←謎)他に人も何組か入っていたので
思い切って寄ってみた。


ゆるたん。
おじゃまします…
玄関のランプがいい味です。

入館料は、無料です☆
日曜だったせいか、他にも老夫婦や子連れの家族など、けっこうお邪魔してました。

毎週月曜と冬期は休館となっています。


ゆるたん。
大正2年、有島武郎が札幌に赴任していたときに、永住するつもりで建てたのがこの家だそうです。
結果的には、妻の病死で札幌を離れることになり、その後この家は色々な経緯を経て、保存運動が興り
この芸術の森に復元されたとのこと。
芸術の森 有島武郎旧邸

窓の格子のデザインも素敵です☆
他、間取りや部屋のつくりなども、彼自身が構想を練ったのでは、といわれているそうです。

内部には、直筆の原稿や当時の発行された雑誌、家族の写真などの資料が公開されています。


部屋の一つは喫茶スペースになっていて、セルフですがコーヒーも飲むことができます。


…とここまで書きましたが、実は有島作品はまだ読んだことがないんでして…

過去の文豪の作品はなるべく読破したいとちょくちょく読んではいるのですが。
おそらくいずれ彼の作品も読むことになると思うので、そうなるとまた興味が湧くので
また来ると思います。

今回とは、一段と違った感動があるはず。



おまけ。

ゆるたん。
通りすがりに発見した、病院。

町(村)の診療所みたいな、おそらく家屋と一体になっているものですね。
昔、自分の住んでいた近所にもこんな感じの病院があった(・∀・)
お世話になったこともあります。

設備は少ないけど、老先生が親身になって診てくれそうな勝手なイメージ(笑)

今や大病院ばかりで、こんな小さい病院は少なくとも近所では見かけなくなったのですが。
偶然発見して、ちょっと感動するやら懐かしく思うやら。


このあと、梅のお花見に向かいました。

つづく。


人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

フリーエリア



レンタルCGI

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。