Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

奔別炭鉱変電所跡(((;-д- )=3ハァハァ

民家のような遺構のすぐ隣に、こんな大きなのがあった。


ゆるたん。

ゆるたん。

ゆるたん。
こちら側、外壁が鉄筋だけになっている。


ゆるたん。
これもいい味が出ている…


ゆるたん。
かなり広かった…
あとで調べたら、ここ変電所だったらしい。

そう言われてみれば、あの幌内の変電所にも似ているような…
窓枠が、こんな感じだった。

あーでも雪の廃墟もいいなー(・∀・)

すでにけっこう深みに入っていたのでどこでも入って行けそう…
でも、

ゆるたん。
こんな場所もあるので、あまり歩き回らないでおいた(;・∀・)
深さは不明…


ゆるたん。
向こうは、安全灯室という場所らしい。

ここからは下の道路に降りて(あの立入禁止柵からすでに奥に来ている)、また登らなきゃ行けない。
これはしんどそう…


ゆるたん。
なんか落書きがある…
夏場とか来てる人(関係者以外)もいるんだろうな…

ゆるたん。
あの捲上の土台も近くに見えた(・∀・)

これも道路挟んだ対岸…行けそうで行けないような、微妙な距離…


ゆるたん。
でも天気良くてあまり寒くなかったのはよかった.。゚+.(・∀・)゚+.゚

雪積もったら暖かいんよね。
同じ時期の苫小牧より暖かかった…こっちは雪少ない代わりに底冷えするような感じがする。


ゆるたん。
変電所と民家もどき(これも変電所関係の…事務所?に見える)の位置関係。


ゆるたん。
変電所、窓枠がまるまる落ちかけていた…

下が煉瓦づくりだ !∑(゜∀゜)


ゆるたん。
この電線の塔は、変電所ですね☆


そろそろ足が冷えてきたので、戻ります…

登ってきたすごい斜面を半分滑りながら下りる…
幸い木があったりどこかで足が引っかかってくれるので、なんとか転げ落ちずにはすんだ( ´ー`)フゥー...


ゆるたん。
途中、雪に埋もれた坑口みたいのが(違うと思うけど)あった。


斜面の新雪に、ズサ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!という感じで足跡ついてたらそれは私らのだ(笑)

ま、もう融けたり積もったりで消えてるだろうけどね(´゚ω゚):;*.:;ブッ



車に戻って一休み。
逆方向に、慰霊碑があるというので再出発…Σ(´ρ`;)

いや、こっちの方が雪中行軍ぽかったかも…最近読んだ「八甲田山死の彷徨」が頭をよぎる…
あれは今年の読書ベスト3に入る(´□`。)(自分の中で)

ゆるい坂を、膝まで埋もれながら進んでいくと…


ゆるたん。
あったー。

ここは、慰霊碑なのであまりはしゃがぬように…(-人-)(-人-)


ゆるたん。
左は殉職した従業員の慰霊碑、右は戦中に出征した従業員の慰霊碑「顕徳碑」だそうです。
1940年建立。


ゆるたん。
あの、立坑を望む位置に建っている。

この景色を見ながら、どんな思いで眠っているのでしょうか。


ゆるたん。
ここの探索は、今回はこれで終了。

本当は、さっき見えた安全灯室とか土台とか、あと排気ブロアーという大きな施設もそちら側にあるらしくて
見たかったのだけど…再度同じような急坂を登るのは…

時間的にも押していたので、断念しました…(;´∀`)
来年春にでも、また来よう つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

クマの心配は、こういう冬の方がいいんだけどね…


つづく。


人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。