Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

1. よかったですよね~

出口からの光を、水面に写したインスタレーション。キレイでしたね…。
場の特性が作品に昇華されていて、僕もあれはイイなあと思いました☆

こういう産業遺産とか、歴史的文脈に基づいたものこそ、
僕も、地域再生に繋がると思いますわー。
ハコモノも、まあいいですけど、地域の文脈を無視してるから、一時的ですよね…。

それにしても、「やる気」がすごかったですねー。
泥で汚してすみません、的な発言にスタッフさんは、
「もう…いいよ!」と、投げやりに言っていました☆
僕はそこに、決意と覚悟を感じましたね!(笑

2. Re:よかったですよね~

>ホリさん♪
やっぱり、あれは綺麗でしたよね.。゚+.(・∀・)゚+.゚
しばらく見ていたいと思いましたよ☆

箱物も、地域に根付いたものというか、そこになきゃならないというものならいいとは思うのですけどね^^;
地域に愛着を持っていない人がやっても、説得力ないんですよね…;;
ビジネスでも公共事業でも、その土地の特性とか歴史を把握した上で着手しないと、なにをやってもダメのような気がします。

やる気、感じましたよね!
熱い!というか(笑)
ヾ(^▽^*おわはははっ!! 投げやりって!
車を土禁にするようなタイプの人は、スタッフになれませんね(´゚ω゚):;*.:;ブッ
いや、なにかをするって大変だとも思います…しっかりとお礼を、ですね^^

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

幌内・布引アートプロジェクト(後編)

風洞の入口です(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)


ゆるたん。
吊るしてある、羽毛みたいなのも、アート作品です^^
風が吹くと揺れるのかな?このときは風がなかったのですが。

ここをくぐって入ります。


ゆるたん。
ひんやり涼しい…
入って、左側を見る。そちらの出口は塞がれているもよう。


ゆるたん。
順路は、右の方なので、そちらに進んでいきます。
出口の光が眩しくて綺麗.。゚+.(・∀・)゚+.゚


ゆるたん。
通路に水溜りを作っていて、そこに映る出口の光が月に見える。
これも作品です。
幻想的だなあ…(´・∀・`)


ゆるたん。
出口まで来ました。
源光庵の「悟りの窓」を思い出す…


ゆるたん。
出ました!
結構大きいですね(・∀・)


ゆるたん。
アートプロジェクトのHPの画像も、このトンネルですね。
実際に入れるトンネルの遺構って、本当にめずらしいと思います。
(大体は解体か、密閉されてしまう。良くてブロックかなんかで封鎖かな…)


ゆるたん。
巻き上げ装置?でしたかね…
でかいです…

ゆるたん。
先ほどの巻上室の上になりますかね。
風洞の上を歩いていきます。転落注意。


ゆるたん。

ゆるたん。

ゆるたん。
パイプもたくさん。

ゆるたん。
はしご発見!
て、別にこれを上り下りするわけではありませんが( ̄ー ̄;)

なぜか興奮して、やまちゃんにも撮れ撮れと勧めてしまった(笑)


ゆるたん。
さっきの風洞の、もう一方の出口だったところです。
こちらにも作品が。

後ろは斜坑。
繋がっていたのかもしれませんね。


ゆるたん。
やっぱり、塞がれていたようです。


ゆるたん。
トンネル脇を下りていきます。
道悪いー(;・∀・)


ゆるたん。
斜坑の下。


ゆるたん。
ここの左側の斜坑の内部に…


ゆるたん。
かわいいお地蔵様がちょこんと(・∀・)

こちらも作品だそうです。



……と……ここで…

カメラ、バッテリー切れ ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

。・゚・(ノд`)・゚・。

前日充電満タンにしてきたのに…半日ももたずにこれとは。
やっぱり4年も使えばそろそろ寿命だよね…買い替え時…

というか、秘宝館で調子こいたのが原因かも( ̄ー ̄;)
載せられる写真もそんなにないのに、何故たくさん撮ったのか。アホだ…orz

ああいうテンションは危険だねえァ '`,、'`,、(´∀`) ァ '`,、'`,、


ということで、携帯カメラに切り替え~((=゚Д゚=)ノ ドコデモドア-冂 ←違

シャッター音うるせ~ウワァァァンヽ(`Д´)ノ


ゆるたん。

ゆるたん。
斜坑内部。


ゆるたん。
ここは、立入禁止のロープが張られていたので、ぎりぎり真ん前まで行って撮った。
密閉されてないんだ…実際、過去に転がり落ちた人がいたらしい。(((( ;゚д゚)))アワワワワ


ゆるたん。

ゆるたん。

ゆるたん。
戻ってきましたヾ(゚ω゚)ノ゛

ゆるたん。
さっきのトンネルの脇。
ここら辺で、そろそろ時間だよーというクラクションが。

うちらけっこう撮影(・∀・)パシャリ!!していて、足がゆっくりめだったから(;・∀・)
ぬかるみの中を、ダッシュで進む(笑)

ああ…まだゆっくり見たかったが…
バッテリー切れも残念過ぎるが…(;ω;)

スケールの大きい遺構ばかりで、( ;∀;) カンドーシタ
来てよかったです!


センターまで戻るときに、送迎のスタッフさんとちらっとお話もし。
どんな集まりなんですか?という話から有名なスポットの話も。
室蘭の製鉄所の風景とか、タウシュベツ橋梁の話が出てきたのはかなり感動.。゚+.(・∀・)゚+.゚

特に後者は最近一番見たいスポットなもので(;・∀・)

いやー、やっぱり携わっている方は有名どころ知ってるんですねえ…

作品を作った先生も同行していて、このイベントや炭鉱遺産なんかを活き活きと解説していたりで、
和やかで良い雰囲気だったのも印象的でした。

町おこしの一環というのもあるのでしょうが、この手のイベントを気持ちよく受け入れるかどうかでその町の、文化に対する感心や温度ってわかる感じがします。
これはあくまで私見ですが、同時に民度もわかる感じがするのは偏見でしょうか。

このイベントはそういう意味でもとても良かった。

送迎もバスとかじゃなくて、どうやらスタッフさんの車のようでしたが、そういう細々なりとも本当に「やる気」のある人たちが興すものが、娯楽や文化の主役になっていくのかもしれません。

これからは、箱物やテーマパークよりも、こういうものが注目されていくと思うし、環境を潰さない意味でもそうなっていってほしいと思います。
(ま、私がそういうものに興味がないからでもあるんですが…(´σ `) ホジホジ )

長々と失礼しました(;・∀・)

閉山20年を記念したイベントで、毎年行うわけではないようですので。
気になる方は急ぎましょう~~~ヾ(゚ω゚)ノ゛


次は、センターから奥に炭鉱の変電所があるというので行ってみました。
携帯カメラでがんばります…

つづく。


人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

1. よかったですよね~

出口からの光を、水面に写したインスタレーション。キレイでしたね…。
場の特性が作品に昇華されていて、僕もあれはイイなあと思いました☆

こういう産業遺産とか、歴史的文脈に基づいたものこそ、
僕も、地域再生に繋がると思いますわー。
ハコモノも、まあいいですけど、地域の文脈を無視してるから、一時的ですよね…。

それにしても、「やる気」がすごかったですねー。
泥で汚してすみません、的な発言にスタッフさんは、
「もう…いいよ!」と、投げやりに言っていました☆
僕はそこに、決意と覚悟を感じましたね!(笑

2. Re:よかったですよね~

>ホリさん♪
やっぱり、あれは綺麗でしたよね.。゚+.(・∀・)゚+.゚
しばらく見ていたいと思いましたよ☆

箱物も、地域に根付いたものというか、そこになきゃならないというものならいいとは思うのですけどね^^;
地域に愛着を持っていない人がやっても、説得力ないんですよね…;;
ビジネスでも公共事業でも、その土地の特性とか歴史を把握した上で着手しないと、なにをやってもダメのような気がします。

やる気、感じましたよね!
熱い!というか(笑)
ヾ(^▽^*おわはははっ!! 投げやりって!
車を土禁にするようなタイプの人は、スタッフになれませんね(´゚ω゚):;*.:;ブッ
いや、なにかをするって大変だとも思います…しっかりとお礼を、ですね^^

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

フリーエリア



レンタルCGI

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。