Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

マッカウス洞窟とひかりごけ(2006年7月)

一度見てみたかったひかりごけ。
実際見落としてスルー してしまったように、決して目立つポイントではないのですが…


ゆるたん。
ここです(・∀・)
羅臼の海岸沿いにあります。
駐車スペースは3台くらい。

地味に知名度はあるようで、先客が1台と後からも1台来ていた。
お年寄りが多かった…かな?

しかしでかい洞窟だ…


ゆるたん。
ひかりごけは、奥の柵の中に生息している。
こんな看板があった。

どこから見ても光っているのではないのだね(・∀・)ほう


ゆるたん。
「北海道」の地名の名付け親、松浦武四郎さんもここマッカウス洞窟に来ていた。
野宿したんだ…クマももれなく出てきたんですね(;・∀・)

関係ないが、魚を模した「らうす」のマークが秀逸だと思う。


ゆるたん。
これが洞窟で書いたという詩ですね。

…写真では見づらい…(;´Д`)


ゆるたん。
コケの生えている場所は、このように柵が設けられています。


ゆるたん。
どうやらヒカリゴケだけじゃなく、他にも数種類あるらしい。


ゆるたん。
コケ拡大したらこんな花と葉っぱみたいな形なんだねー(・∀・)


ゆるたん。
さてさて。
ひかりごけゾーンへ。

こちらの方向では、普通の緑のコケしか見えませんが…


ゆるたん。
場所を変えたらほら!

蛍光グリーンのようなのがぱらぱらと.。゚+.(・∀・)゚+.゚

緑の色が全然違うね~


ゆるたん。
そのままの方向で、遠巻きに。
これでもちゃんと見える。

実物はもっと、蛍光っぽく見えますv( ̄Д ̄)v

あ、ここも柵の中です。
柵の間から撮っています。


ゆるたん。
こちらは隣のゾーン。
こっちにもひかりごけあるんかな?

端まで歩いてみたけど、いまいちあるのかわからんかった…|´・ω・)

他のコケゾーンかもしれません。


ゆるたん。
奥から、入り口を見てみる。
外の晴れっぷりに対して、この涼しげな空間…( ´ー`)フゥー...


ゆるたん。
天井。なにか草みたいのがたくさん生えとる…
ハマナスも生えていたって書いていたな…これは違う植物だろうけど。


ゆるたん。
小高いところから。
奥深いというより、横に広い洞窟なんだなー


ゆるたん。
外とは気温も湿度もかなり違うのだろう…


ゆるたん。
ここまで来てしまった…
こんな広いのに何故見落としたのか(;・∀・)


ゆるたん。
上は断崖になっているところもあって、少し怖い感じもした…

現に、2008年にこの洞窟の天井が一部崩落したらしく、一時期コケの場所まで行けないことがあったそうな。
今はもう大丈夫だそうですが。


ゆるたん。

ゆるたん。

ゆるたん。
でも緑が豊かで、このときは空もきれい、快晴だった。.:*・゜(n´ⅴ`)η゚・*:.。.ミ ☆


ゆるたん。

ゆるたん。
手前に小さい池みたいのがあった。
水は…ぬる過ぎた(・ε・;)


ゆるたん。
カラスも暑そうだったね(゚∈゚*)・・・・


ひかりごけ、といえば、知床羅臼側で起きた「ひかりごけ事件」というのがあります。
事件名は、この事件を元にした武田泰淳の小説「ひかりごけ」からきているもので、ここマッカウスで起きたわけではないのですが。

ショッキングな内容ですが、特に大自然に対して甘い幻想を抱いているような方には、知っておいてもらってもばちは当たらんでしょう。
ウィキ「ひかりごけ事件」

(ちなみに「ひかりごけ」はこの事件を知ったあとに読みました。重いテーマでなかなか面白かったのですが、小説内の船長と実際の船長のキャラクターはかなりかけ離れていると感じます。小説の方はひとつの物語として読むのがいいと思います)



と、こんな感じでそろそろおしまいにしようか…

しかし、食はグルメどころかまともに食べてもいないんですが…(;´Д`)
昨日に引き続きまだ胃の調子が良くない。

問題のうどんの残りも処分できてないし(・ω・` )
幸い、まだにおわないが(;・∀・)


未練もあったので、一か八か、羅臼漁港周辺の小さな食堂に入ってみた。

ゆるたん。
奮発してタラバガニのラーメンを注文…
足がごそっとのっています(・∀・)チゴイネ!

身もたっぷり美味しかったです♪

しかし悲劇はこのあとも。
さあ帰ろうとガソリンを入れにスタンドに寄った際、これ幸いとうどんの残りを捨ててもらおうと思ったのですが…


「吸殻ありませんか~?」

「あ、ないです(;・∀・)」


うわーんばかばかー!
なんで出さないのだ!

いや、だって、うどんは吸殻じゃないじゃん…

しかも生ゴミだよ…??
いくらゴミって言ったって、いくらサービスったって生ゴミ(しかも汁あり)はひどいっしょ!

という自問自答の末、帰路約8時間を残り物うどんと共にすることを決めたのでした(;´Д`)


糸冬 了..._〆(゚▽゚*)


ま、当たり前ですよね( ̄ー ̄;)

今度から車内の食事は、少なくとも汁物やめようと思いました(・ー・)



…世界遺産知床の締めが、これだなんてァ '`,、'`,、(´∀`) ァ '`,、'`,、
ま、これがゆるたんクオリティ。


人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。