Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

1. さすが美唄!

しっかり、保存されていますよねー。
オレンジペンキは、勇み足な感が否めないですけど(笑
  • 2009-07-03 14:19
  • 北海道未確認出版
  • URL
  • 編集

2. Re:さすが美唄!

>北海道未確認出版さん
コメントありがとうございます(・∀・)
こういう形で、遺構を残すってなかなかめずらしいというか、難しいことですよね。
そうそう、あのオレンジは確かにテーマパークっぽくて、浮いて見えるかも(笑)
建設当初の色だそうですが…こんなに鮮やかだったんでしょうかね(・ε・;)

3. 【リンク報告】

こんにちは。私は神山卓也
http://www.kamitaku.com/
と申します。

 私が運営しております、炭鉱を紹介するホームページ「炭鉱マニア」
http://coal.shimazu-yoshihiro.net/
内のサブ・コンテンツ「リンク集」の中の「美唄市関係の箇所」
http://coal.shimazu-yoshihiro.net/coallink.htm#bibai_city
から、この貴ブログ日記記事にリンクを張りましたので、その旨、報告申し上げます。

 今後とも、よろしくお願い申し上げます。

  • 2012-09-13 07:42
  • 炭鉱マニア管理人・神山卓也
  • URL
  • 編集

4. 【リンク報告2】

度々恐縮です。神山卓也です。

 先刻、「炭鉱マニア」ホームページからのリンク報告をいたしましたが、私が運営しております別のホームページ「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内のサブ・コンテンツ「炭鉱メモリアル森林公園訪問記」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/HOKAIK01.HTM
からも、この貴ブログ日記記事にリンクを張りましたので、併せて、報告申し上げます。

 今後とも、よろしくお願い申し上げます。

5. *神山卓也さん*

はじめまして、こんにちは。

こちらへのリンク、並びにご報告ありがとうございます。
かなり以前のつたない記事で大変恐縮です。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

(他記事へのご報告もまとめて御礼申し上げます。ありがとうございます)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

炭鉱メモリアル森林公園

アルテピアッツァの続き。


これから、愛用マップル様にも載っている「炭鉱メモリアル森林公園」に行きます( ̄ー ̄)ニヤリ
手始めはやはり、こういうところからだべねヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

しかし、今回はやまちゃんが、いろいろネットで調べてくれていたので、その一晩かけて印刷した資料(笑)を手に、他にも回ってみようということで。
参考資料はこちら

早速、向かっている途中に発見キタ━━━━ヽ(・∀・;;)ノ━━━━!!!!

ゆるたん。
あの物体、まさしく!!

ゆるたん。
三井美唄炭鉱第2坑選炭場!
結構綺麗に残ってますね(・∀・)
ろうと?じょうご?みたいな形じゃ。

近くまで寄れず、道路から眺めるだけですが…

やばい、なんか楽しい…
これが三十路女子(ぢょし(;・∀・))のトレンデーな休日の楽しみ方 ガッハガハガハ(・∀・)ガッハガハガハ

ゆるたん。
東美唄方面へ。

ゆるたん。
何か見えてきました…多分あれが…

ゆるたん。
あれだ!キタ━━━━ヽ(‘ω‘ * )ノ━━━━!!!!

ゆるたん。
公園なのです、がー。
誰もいませんでしたー(´▽`*)アハハ

後ろになにやら凄そうなのが…☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━!!

ゆるたん。
こんな感じになっとります。
ここは元々、三菱美唄炭鉱だったところ。
その一部の遺構を残しているようです。

後から車が1台来たのですが…降りずにすぐ引き返していった…
ほんとに誰も来ないのか…まあ貸し切り気分でまったり回りませう。

ゆるたん。
あの凄そうなものの側まで行ってみる。
原炭ポケットというものです。掘り出した石炭を一時保管するところ。
現存するものの中では道内最大なんだとか…

おそらく、中に入れないように石垣が組んであった…中どんなんなってんだろう…(゜∞゜)y-゜゜

ゆるたん。

ゆるたん。
圧巻だ…

ゆるたん。
道路から見えたアレです。
立坑巻揚櫓(たてこうまきあげやぐら)といいます。ここから下の立坑に人や石炭などを運搬していた。
道内で2番目に古いってΣ(・ε・;)
新しそうに見えるけど…塗装されているからかね??

この色は、元々の建設当時の色なんだとか。

ゆるたん。
足元草木が巻きつき放題。なぜかここだけ(;・∀・)

ゆるたん。
入気・排気のため立坑は2つ設けていた。一般的な形ですね(* ^ー゚)

ゆるたん。
櫓のすぐ側に開閉所が。櫓の操作をする場所…ということですね。

ゆるたん。
内部は、柱のみ残して空っぽになっていました。
盗るものなにもないよ(* ^ー゚)

ゆるたん。
緑の中にぽつりと。操業時はまだまだ賑やかでごみごみしていただろう。

ゆるたん。
開閉所の横に案内板があったので、見てみる。

ゆるたん。
まだまだ沢山の施設があったようだ。

ゆるたん。
これは…!
今のここがこんなだったなんて…とても信じられん…(でも本当)
原炭ポケットが多分、あそこで、なら櫓はあそこらへんか…?
おわーなんか想像するだけでわくわくする…

それが閉山してわずか40年も経ってないのに、こんなに自然に戻ってしまうのか…
写真とかこういう資料は貴重だ。

ゆるたん。
ι(´Д`υ)アツィー
でも端っこの方まで歩いていく。

なんか細い滝みたいになっていたけど、上手く撮れんかった(´・ω・`)

ゆるたん。
ここは…場所的に浴場跡ですかねぇ?

ゆるたん。
ここで坑夫さんたちが仕事のあとに体を洗ったのでしょうか。
入浴後、風呂の湯が真っ黒になったことだろう。(;;・∀・;;)

ゆるたん。
こんなオレンジの可愛い花がところどころ咲いていた。
ピンボケだ…ヽ(;´Д`)ノ

ゆるたん。
このトンネルみたいなの…
坑口だろうか。
ここから入っていって、掘削していった。

半分くらい水没しているけど…

ゆるたん。
その隣にも。
三菱マークがついとります!∑(゜∀゜)

ゆるたん。
2つ並んでこんな感じ。
入り口はみんな、閉山したら密閉されてしまうがね。

昔はここから、沢山の石炭が掘り出された。
大変危険な作業だったことだろう…
が、繁栄をもたらしたのはそのような苦労があったからこそ。

少しでも知識がある人間なら、これらの遺構を見てそんなことを感じずにはいられまい。

ゆるたん。
この山の奥にも、かつてはこの炭鉱の施設がたくさんあったに違いない。
自然の力にも感嘆せずにはいられないが…

ゆるたん。
遊歩道は、あまり人が通らないのか、自然に還りかけているような感じが…

ゆるたん。
管理小屋。トイレも兼ねているようだ。
けど、綺麗かどうかは謎…

ゆるたん。
なんか人工っぽい石があった(・∀・)
自然のものには思えない…なんだったんだろう?

このあと、さっきの原炭ポケットの前を通り過ぎた先に、ゲートで封鎖された道があったが…
そっちもちょっくらくぐって行ってみた。単なる車が場内進入するのを防ぐためのものだったみたいなので。

行って戻ってきたら、ちょうど他に人が来てましたΣ(゚Д゚ υ) イタ!!
夫婦かカポーか…
またあとからカポーのような2人連れが来た。一眼レフを持ってたので写真撮りに来たんだろう。


まったく来ない場所でもないみたいだけど、写真好きか炭鉱(廃墟?)好きかが来るような場所でした。
普通のレジャーで来る人はいなさそうだ。まあこの場所の性格上そういう目的では来づらいかも…
あとやっぱり、来ていた人も少しお年を召した方(50代以上?)だったと思います。
(あ、でも両者とも女性の方は割と若い方だったのが不思議というか…)

でも、こういう歴史とか興味のある方はもっと足を運んでもいいのでは。
もう少し、現地にわかりやすい案内板とかあればいいと思いますが。
(この記事の遺構の名前や役割などは、別にネットで調べて書いています)

人が増える分、変な人に来られて荒らされるのも嫌だけど(-∀ー#)


次はそのゲートの先の林道を。


人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

1. さすが美唄!

しっかり、保存されていますよねー。
オレンジペンキは、勇み足な感が否めないですけど(笑
  • 2009-07-03 14:19
  • 北海道未確認出版
  • URL
  • 編集

2. Re:さすが美唄!

>北海道未確認出版さん
コメントありがとうございます(・∀・)
こういう形で、遺構を残すってなかなかめずらしいというか、難しいことですよね。
そうそう、あのオレンジは確かにテーマパークっぽくて、浮いて見えるかも(笑)
建設当初の色だそうですが…こんなに鮮やかだったんでしょうかね(・ε・;)

3. 【リンク報告】

こんにちは。私は神山卓也
http://www.kamitaku.com/
と申します。

 私が運営しております、炭鉱を紹介するホームページ「炭鉱マニア」
http://coal.shimazu-yoshihiro.net/
内のサブ・コンテンツ「リンク集」の中の「美唄市関係の箇所」
http://coal.shimazu-yoshihiro.net/coallink.htm#bibai_city
から、この貴ブログ日記記事にリンクを張りましたので、その旨、報告申し上げます。

 今後とも、よろしくお願い申し上げます。

  • 2012-09-13 07:42
  • 炭鉱マニア管理人・神山卓也
  • URL
  • 編集

4. 【リンク報告2】

度々恐縮です。神山卓也です。

 先刻、「炭鉱マニア」ホームページからのリンク報告をいたしましたが、私が運営しております別のホームページ「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内のサブ・コンテンツ「炭鉱メモリアル森林公園訪問記」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/HOKAIK01.HTM
からも、この貴ブログ日記記事にリンクを張りましたので、併せて、報告申し上げます。

 今後とも、よろしくお願い申し上げます。

5. *神山卓也さん*

はじめまして、こんにちは。

こちらへのリンク、並びにご報告ありがとうございます。
かなり以前のつたない記事で大変恐縮です。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

(他記事へのご報告もまとめて御礼申し上げます。ありがとうございます)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。