Entries

スポンサーサイト

小幌駅への道ー徒歩行

大変お久しぶりです。先日、何年越しかずっと気になっていたここにやっと、行ってきましたー。しかも徒歩…無難に列車に乗って行くことも考えたけど、時間を調べたら色々都合が合わないというか面倒になってきたので歩くのが早い!ということで。時期的にも茂る前なので、ちょうどよろしいでしょう…思い立ったが吉日。あの秘境無人駅(というには有名になり過ぎた感がありますが)室蘭本線・小幌駅徒歩行です。家で早起きするのが苦...

シュンクシタカラ林道の滝群

21kmにも及ぶ林道のあちらこちらに大小さまざまな滝が流れていたので、そんな風景に圧倒されつつちょこちょこ撮影。しかし、進むたびに現れるのでキリがなくなり小さいものなどは途中で断念しているので、目立ったものを一部だけですが。一番最初に見つけた、割と大きめの滝。これが見えた途端、かなりテンション上がりました笑虹が見えます。撮っているときは、気づかなかったのですが。林道の後半に見つけた、ストレートな滝。ソ...

シュンクシタカラ湖・秋色の秘湖

道の端の、若干の落石をかわしつつ、ラストスパートの林道を登りきると、左手に見えてきました…!駐車できるスペースがあるので、停めてそこから見る。これは下まで降りれそう?急な斜面を滑るようにして降りてみた。人っ子ひとりいない。倒木に水打つ音と、たまに野鳥の声が聞こえるくらい。クマ鈴つけてはいるけれど、ここまで来ても獣っぽい匂いがしない。運が良かったのか、気をつけるに越したことはないけれども。水も澄んで...

秘湖への道・シュンクシタカラ林道

北海道三大秘湖といえば、先日行ったオコタンペ湖、東雲湖、オンネトー、なのですがそれらに加えてもっとすごい秘湖がある、というのを知りまして。林道を20km以上も入る、地図上で見るとものすごい奥地でしかも、1970年代に日本で最後に発見された湖とかいう触れ込み。(しかしこれは地元の人や昔のアイヌにはすでに知られていたものなので「最後」とは一体何基準なのか、誰にとってなのかという疑問もありますが)調べた限りでは...

電波塔の山・紋別岳登山

先日行く予定だった、支笏湖の紋別岳に登ってきました。9月の大雨の影響で、ポロピナイから先は未だ通行止めですが登山道入口はそれより手前になるので、特に問題はありませんでした。が、この登山道入口が、看板が木の陰になっていてわかりづらい。苫小牧方面から、支笏湖温泉街の駐車場を過ぎて、左手に「翠明閣」の看板がある場所を右折です。傾斜のある住宅地の突き当たりが、10台ほど停められる駐車場となっています。(公に...

Appendix

プロフィール

しのさん

Author:しのさん
北海道内をゆるゆる探検。廃墟・産業遺産多め。管理人の日記・備忘録のために更新しています。写真の著作権は管理人にあります。詳しくはTOPをご覧ください。

タグ


検索フォーム

メールフォーム

ご用件は、出来るだけ詳しくお記しください(返信をお約束するものではありません)
※長文の場合は「確認」を押した先の送信ページでの入力をおすすめいたします

お名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。